ドメイン

ドメインAPIコマンドリスト

当社のAPIは、効率性を追求した高度なドメイン管理と取得のツールキットです。Dynadotプラットフォーム上でセットアップ、管理、登録、入札するための50以上のコマンドを備えているため、アカウントとドメインの設定をお好みのAPIソフトウェアで完全に制御できます。当社のドメインAPIはすべてのアカウントで利用可能ですので、今日から始めましょう!

高度なドメインAPIの利用を開始する

弊社の高度なドメインAPIへのリクエストは、以下のURLに送信されます。

https://api.dynadot.com/api3.xmlを翻訳する

セキュリティのために、リクエストはhttps(セキュアソケット)を介して送信する必要があります。一度に1つのリクエストしか処理できないため、別のリクエストを送信する前に現在のリクエストが終了するのをお待ちください。リクエストには、次の2つのパラメーター、'キー'と'コマンド'が必要です。各コマンドをクリックしてそれに関連するパラメーターを表示できます。


 
リクエストパラメータ
説明
Key'ツール' -> 'API' サイドバーメニューの下にある、Dynadot アカウントコントロールパネルで利用可能な API へのアクセスキー。
Commandsearch, register, delete, renew, push, lock, transfer, bulk_register

domain_info, set_whois, set_ns, set_parking, set_forwarding, set_stealth, set_hosting, set_dns2, set_email_forward, set_clear_domain_setting, set_folder, set_note, set_renew_option, set_privacy, tld_price, list_domain

create_cn_audit, get_cn_audit_status, create_contact, edit_contact, delete_contact, contact_list, get_contact

set_contact_eu_setting, set_contact_lv_setting, cancel_transfer, get_transfer_status, set_transfer_auth_code, authorize_transfer_away, get_transfer_auth_code

get_ns, add_ns, register_ns, set_ns_ip, delete_ns, delete_ns_by_domain, server_list, get_dns

set_reseller_hold_status, get_reseller_hold_status, get_listings, get_listing_item, buy_it_now

account_info, get_account_balance, set_default_whois, set_default_ns, set_default_parking, set_default_forwarding, set_default_stealth, set_default_hosting, set_default_dns, set_default_dns2, set_default_email_forward, set_clear_default_setting, set_default_renew_option

create_folder, delete_folder, set_folder_whois, set_folder_ns, set_folder_parking, set_folder_forwarding, set_folder_stealth, set_folder_hosting, set_folder_dns, set_folder_dns2, set_folder_email_forward, set_clear_folder_setting, set_folder_name, set_folder_renew_option, folder_list

add_backorder_request, delete_backorder_request, backorder_request_list

get_open_auctions, get_auction_details, get_auction_bids, place_auction_bid, get_closed_auctions

is_processing

get_open_backorder_auctions, get_backorder_auction_details, place_backorder_auction_bid, get_closed_backorder_auctions, get_expired_closeout_domains, buy_expired_closeout_domain, get_order_status

get_domain_push_request, set_domain_push_request, set_afternic_confirm_actionset_sedo_confirm_action, set_domain_dnssec, get_whois_stats, order_list,

当社の高度なドメインAPIは、XML形式で結果を返します。受け取るレスポンスには、以下の2つまたは3つのフィールドが含まれている必要があります:

結果のXMLタグ
説明
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
 

検索コマンド

検索コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります。

検索リクエストパラメータ
説明
domain0 - domain99お探しのドメイン名は、通常のアカウントでは1コマンドごとに1ドメインを指定できます。一括およびスーパーバルクアカウントでは最大で100ドメインを指定できます。
language0 - language99 (オプショナル)それぞれのドメインの言語タグ、IDNにのみ使用してください
show_price (オプショナル)アカウントの通貨で価格を表示したい場合は、「1」と同じに設定してください。
currency (オプショナル)通貨の種類を決めることができ、このパラメーターは「USD」「CNY」「GBP」「EUR」「INR」「CAD」などがサポートされています。このパラメーターを見落とした場合、アカウントのデフォルト通貨を使用します。
結果のXMLタグ
説明
<Results></Results>検索コマンドのXMLレスポンスのルートノード
<SearchResponse></SearchResponse>検索応答のタグ
<SearchHeader></SearchHeader>検索ヘッダのタグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<DomainName></DomainName>あなたがさっき検索したドメイン名
<Available></Available>ドメイン名が使用可能な場合
<Price></Price>もし"show_price"を"1"に設定した場合、このドメインが利用可能である場合に価格情報を表示します。
<Language></Language>ドメイン名に関する言語情報

検索例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=search&domain0=mydomain.com&domain1=mydomain.net&show_price=1&currency=USD

レスポンス(XML形式)
<Results>
  <SearchResponse>
    <SearchHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <DomainName>mydomain.com</DomainName>
      <Available>yes</Available>
      <Price>77.00 in USD</Price>
    </SearchHeader>
  </SearchResponse>
  <SearchResponse>
    <SearchHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <DomainName>mydomain.net</DomainName>
      <Available>yes</Available>
      <Price>44.00 in USD</Price>
    </SearchHeader>
  </SearchResponse>
</Results>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=search&domain0=mydomain.com&domain1=mydomain.net&show_price=1&currency=USD

レスポンス(JSON形式)
{
   "SearchResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "SearchResults":[
         {
            "DomainName":"mydomain.com",
            "Available":"yes",
            "Price":"77.00 in USD"
         },
         {
            "DomainName":"mydomain.net",
            "Available":"yes",
            "Price":"44.00 in USD"
         }
      ]
   }
}
 

登録コマンド

登録コマンドを呼び出すと、登録のオーダーが作成され、処理されます。注文の支払いに十分な口座残高が必要です。登録コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

登録リクエストパラメータ
説明
domain登録したいドメイン名は、1リクエストにつき1つのドメインのみ登録できます。
language (オプショナル)要求されたドメインの言語タグ、ドメインがIDNである場合にのみ必要です
durationドメインを登録するのにかかる時間はどれくらいですか
registrant_contact (オプショナル)ドメインで使用したい登録者連絡先
admin_contact (オプショナル)ドメインで使用したい管理者連絡先
technical_contact (オプショナル)ドメインで使用したい技術的な連絡先
billing_contact (オプショナル)ドメインで使用する請求連絡先
option0 (必要な場合)
.AT, .BE, 登録者名
option1 (必要な場合).AT, .BE,登録者団体(オプション)
.ATについては、option0, option1,または両方を指定することができます
premium (オプショナル)プレミアムドメインを登録する場合は、「1」と設定します(オプション)
currency (オプショナル)通貨の種類を決めることができ、このパラメーターは「USD」「CNY」「GBP」「EUR」「INR」「CAD」などがサポートされています。このパラメーターを見落とした場合、アカウントのデフォルト通貨を使用します。
coupon (オプショナル)このコマンドに適用したいクーポンコード
結果のXMLタグ
説明
<RegisterResponse></RegisterResponse>登録応答のタグ
<RegisterHeader></RegisterHeader>登録ヘッダーのタグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<RegisterContent></RegisterContent>登録内容のタグ
<Expiration></Expiration>UNIX時間での有効期限(1月1970日0時半からのミリ秒)は、結果が"success"の場合にのみ使用されます。
<Registration></Registration>UNIX時間での登録日(1年1970月のUTC午前0時からの経過ミリ秒)は、結果が"success"である場合にのみ使用されます。

登録の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=register&domain=domain1.net&duration=3&currency=USD

レスポンス(XML形式)
<RegisterResponse>
  <RegisterHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </RegisterHeader>
  <RegisterContent>
    <Expiration>1458379145266</Expiration>
  </RegisterContent>
</RegisterResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=register&domain=domain1.net&duration=3&currency=USD

レスポンス(JSON形式)
{
   "RegisterResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "DomainName":"domain1.net",
      "Expiration":"1458379145266"
   }
}
 

削除コマンド

削除コマンドを呼び出すと、grace期間のままのドメインを削除します。 お客様のアカウント残高に登録料金が返金されます。 更新されたドメインや新しいアカウントに移動したドメインは、APIを介して削除することはできません。 削除コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

リクエストパラメータを削除する
説明
domain削除したいドメイン名は、1回のリクエストにつき1ドメインのみ削除できます
結果のXMLタグ
説明
<DeleteResponse></DeleteResponse>削除応答のタグ
<DeleteHeader></DeleteHeader>削除ヘッダータグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

例を削除

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=delete&domain=domain1.com

レスポンス(XML形式)
<DeleteResponse>
  <DeleteHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </DeleteHeader>
</DeleteResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=delete&domain=domain1.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "DeleteResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "DomainName":"domain1.com",
   }
}
 

リニューコマンド

リニューコマンドを呼び出すと、リニューアルのオーダーが作成され処理されます。オーダーの支払いに十分なアカウント残高を持っている必要があります。リニューコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれている必要があります:

リニューアルリクエストのパラメータ
説明
domain更新したいドメイン名は、1ドメインのみがリクエストごとに再登録できます。
durationドメインの更新には何年かかりますか
year (オプショナル)ドメインの有効期限が切れる現在の年
currency (オプショナル)通貨の種類を決めることができ、このパラメーターは「USD」「CNY」「GBP」「EUR」「INR」「CAD」などがサポートされています。このパラメーターを見落とした場合、アカウントのデフォルト通貨を使用します。
price_check (オプショナル)このパラメータをコマンドに追加すると、このドメインの更新価格の詳細を確認できます。注意:このパラメータをコマンドに追加すると、当社のAPIはドメインを更新せず、価格情報のみを表示します。
coupon (オプショナル)このコマンドに適用したいクーポンコード
no_renew_if_late_renew_fee_needed (オプショナル)ドメインの更新が遅延更新料を必要とする場合、このパラメータをコマンドに追加することで更新を回避できます。もしドメインが遅延更新料を必要とする場合、そしてコマンドに「no_renew_if_late_renew_fee_needed = 1」が渡された場合、ドメインは更新されません。
結果のXMLタグ
説明
<RenewResponse></RenewResponse>リニューアルレスポンスのタグは、レスポンスのルートノードであり、ドキュメントXMLの一部です
<RenewHeader></RenewHeader>ヘッダーを更新する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<PriceInfo></PriceInfo>価格情報のタグ、状態が "price_check_success" の場合にのみ使用されます。
<RenewContent></RenewContent>更新コンテンツのタグで、ステータスが"success"の場合にのみ使用されます。
<Expiration></Expiration>UNIX時間での有効期限(1月1970日0時半からのミリ秒)は、結果が"success"の場合にのみ使用されます。

リニューアル例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&domain=domian1.com&command=renew&duration=1&currency=USD&coupon=testcoupon

レスポンス(XML形式)
<RenewResponse>
  <RenewHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </RenewHeader>
  <RenewContent>
    <Expiration>73984579834</Expiration>
  </RenewContent>
</RenewResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&domain=domian1.com&command=renew&duration=1&currency=USD&coupon=testcoupon

レスポンス(JSON形式)
{
   "RenewResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "DomainName":"domian1.com",
      "Expiration":"73984579834"
   }
}
 

プッシュコマンド

プッシュコマンドを呼び出すと、プッシュオーダーが作成され処理されます。オーダーのためにドメインとアカウントをアンロックする必要があります。オーダーを完了するために、レシーバーアカウントはドメインを拒否/承認する必要があります。プッシュコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります:

プッシュリクエストパラメータ
説明
domainプッシュしたいドメイン名。私たちはバルクプッシュもサポートしています。ドメインを分割するために";"を使用できます。例:domain1.com;domain2.com
receiver_push_username受信者アカウントのユーザー名をプッシュしてください
currency (オプショナル)通貨の種類を決めることができ、このパラメーターは「USD」「CNY」「GBP」「EUR」「INR」「CAD」などがサポートされています。このパラメーターを見落とした場合、アカウントのデフォルト通貨を使用します。
unlock_domain_for_push(optional)このパラメータを「1」と等しく設定してください。ドメインがロックされている場合は、自動的にロックを解除しますので、手動でドメインをロック解除する必要はありません。
結果のXMLタグ
説明
<PushResponse></PushResponse>プッシュレスポンスのタグは、レスポンスXMLドキュメントのルートノードです。
<PushHeader></PushHeader>ヘッダーを押す
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

プッシュの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=push&domain=domian1.com&receiver_push_username=username&currency=USD

レスポンス(XML形式)
<PushResponse>
  <PushHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>order created</Status>
  </PushHeader>
</PushResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=push&domain=domian1.com&receiver_push_username=username&currency=USD

レスポンス(JSON形式)
{
   "PushResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"order created"
   }
}
 

転送コマンド

転送コマンドの呼び出しにより、転送注文が作成され処理されます。一部のTLDでは、注文を完了するために転出会社の確認が必要になる場合があります。転送コマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります:

転送リクエストパラメータ
説明
domainDynadotに転送したいドメイン名は、リクエストごとに 1 ドメインのみ転送できます
auth転送要求の承認コード。
currency (オプショナル)通貨の種類を決めることができ、このパラメーターは「USD」「CNY」「GBP」「EUR」「INR」「CAD」などがサポートされています。このパラメーターを見落とした場合、アカウントのデフォルト通貨を使用します。
registrant_contact (オプショナル)完了した転送時に使用する登録者連絡先です。 (この機能はすべての tld でサポートされていません)
admin_contact (オプショナル)転送が完了した後に使用したい管理者連絡先です。 (この機能はすべての tld に対応していません)
technical_contact (オプショナル)転送が完了した時に使用したい技術的な連絡先です。 (この機能はすべてのTLDでサポートされていません)
billing_contact (オプショナル)転送が完了したときに使用する請求連絡先です(すべてのトップレベルドメインがこの機能をサポートしていない場合があります)
coupon (オプショナル)このコマンドに適用したいクーポンコード
結果のXMLタグ
説明
<TransferResponse></TransferResponse>転送応答のタグ、それは応答のルートノードです XML ドキュメント。
<TransferHeader></TransferHeader>ヘッダーを移動
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

転送例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=transfer&domain=domian1.com&auth=testauth&currency=USD&coupon=testcoupon

レスポンス(XML形式)
<TransferResponse>
  <TransferHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>order created</Status>
  </TransferHeader>
</TransferResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=transfer&domain=domian1.com&auth=testauth&currency=USD&coupon=testcoupon

レスポンス(JSON形式)
{
   "TransferResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"order created",
      "DomainName":"domian1.com"
   }
}
 

一括登録コマンド

一括登録コマンドを呼び出すと、登録の注文が作成され処理されます。注文の支払いに十分なアカウント残高が必要です。一括登録コマンドを呼び出す場合は、以下のパラメータを含める必要があります:

一括登録要求パラメータ
説明
domain0-domain99登録したいドメイン名(複数可)、リクエストごとに最大100ドメインまで登録できます。
premium (オプショナル)プレミアムドメインを登録する場合は、「1」と設定します(オプション)
currency (オプショナル)通貨の種類を選択することができ、サポートされているパラメータは「USD」「CNY」「GBP」「EUR」「INR」「CAD」などです。このパラメータが抜けている場合は、アカウントのデフォルト通貨を使用します。
coupon (オプショナル)このコマンドに適用したいクーポンコード
結果のXMLタグ
説明
<BulkRegisterResponse></BulkRegisterResponse>バルク登録の応答タグ
<BulkRegisterHeader></BulkRegisterHeader>バルク登録ヘッダーのタグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<BulkRegisterContent></BulkRegisterContent>一括登録コンテンツのタグ
<Expiration></Expiration>UNIX時間での有効期限(1月1970日0時半からのミリ秒)は、結果が"success"の場合にのみ使用されます。
<Result></Result>登録アクションの結果
<Message></Message>登録アクションのエラーメッセージは、結果が"error"の場合にのみ使用されます。

一括登録例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=bulk_register&domain0=domain0.com&domain1=domain1.com&currency=USD

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<BulkRegisterResponse>
  <BulkRegisterHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </BulkRegisterHeader>
  <BulkRegisterContent>
    <BulkRegister>
      <RegisterResult>
        <DomainName>domain0.com</DomainName>
        <Expiration>1234567890</Expiration>
        <Result>success</Result>
        <Message>-</Message>
      </RegisterResult>
      <RegisterResult>
        <DomainName>domain1.com</DomainName>
        <Expiration>-</Expiration>
        <Result>error</Result>
        <Message>not_available</Message>
      </RegisterResult>
    </BulkRegister>
  </BulkRegisterContent>
</BulkRegisterResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=bulk_register&domain0=domain0.com&domain1=domain1.com&currency=USD

レスポンス(JSON形式)
{
  "BulkRegisterResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "BulkRegister": [
      {
        "DomainName": "domain0.com",
        "Expiration": "1234567890",
        "Result": "success",
        "Message": "-"
      },
      {
        "DomainName": "domain1.com",
        "Expiration": "-",
        "Result": "error",
        "Message": "not_available"
      }
    ]
  }
}
 

ドメイン情報コマンド

このコマンドは XML と JSON 形式でのみ利用できます:

ドメイン情報リクエストパラメータ
説明
domainリクエストごとに1つの1ドメインのみが許可されています
結果のXMLタグ
説明
<DomainInfoResponse></DomainInfoResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<DomainInfoResponseHeader></DomainInfoResponseHeader>レスポンスヘッダ
<ResponseCode></ResponseCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<DomainInfoContent></DomainInfoContent>レスポンスコンテンツ
<Domain></Domain>ドメイン
<Name></Name>ドメインの名前
<Expiration></Expiration>UNIX時間でのドメインの有効期限(午前0時からのミリ秒、1月1日1970前日のUTCの午前0時から)
<Registration></Registration>Unix時におけるドメイン登録日付((W_1)年(W_2)月のUTCの午前0時からの経過ミリ秒)
<NameServerSettings></NameServerSettings>ドメインの名前サーバーの設定
<Type></Type>ドメインの名前サーバータイプ
<WithAds></WithAds>ドメインの駐車場ページが必要なら
<Whois></Whois>Whois情報
<Registrant></Registrant>登録者情報
<ContactId></ContactId>コンタクトID
<Admin></Admin>管理情報
<Technical></Technical>技術情報
<Billing></Billing>請求情報
<Locked></Locked>ロックされているかどうか
<Disabled></Disabled>ステータスを有効化する
<UdrpLocked></UdrpLocked>Udrpがロックされているかどうか
<UdrpLocked></UdrpLocked>Udrpがロックされているかどうか
<RegistrantUnverified></RegistrantUnverified>未確認の登録者
<Hold></Hold>ホールドする
<Privacy></Privacy>プライバシーの状態
<isForSale></isForSale>販売状況
<RenewOption></RenewOption>更新オプション
<Note></Note>ノート
<Folder></Folder>フォルダ情報
<FolderId></FolderId>フォルダーID
<FolderName></FolderName>フォルダ名

ドメイン情報の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=domain_info&domain=domain1.com

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<DomainInfoResponse>
  <DomainInfoHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </DomainInfoHeader>
  <DomainInfoContent>
    <Domain>
      <Name>domain1.com</Name>
      <Expiration>1361430589062</Expiration>
      <Registration>1234567890123</Registration>
      <NameServerSettings>
        <Type>Dynadot Parking</Type>
        <WithAds>Yes</WithAds>
      </NameServerSettings>
      <Whois>
        <Registrant>
          <ContactId>0</ContactId>
        </Registrant>
        <Admin>
          <ContactId>0</ContactId>
        </Admin>
        <Technical>
          <ContactId>0</ContactId>
        </Technical>
        <Billing>
          <ContactId>0</ContactId>
        </Billing>
      </Whois>
      <Locked>yes</Locked>
      <Disabled>no</Disabled>
      <UdrpLocked>no</UdrpLocked>
      <RegistrantUnverified>no</RegistrantUnverified>
      <Hold>no</Hold>
      <Privacy>none</Privacy>
      <isForSale>yes</isForSale>
      <RenewOption>no renew option</RenewOption>
      <Note/>
      <Folder>
        <FolderId>-1</FolderId>
        <FolderName>(no folder)</FolderName>
      </Folder>
    </Domain>
  </DomainInfoContent>
</DomainInfoResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=domain_info&domain=domain1.com

レスポンス(JSON形式)
{
  "DomainInfoResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "DomainInfo": {
      "Name": "domain1.com",
      "Expiration": "1361430589062",
      "Registration": "1234567890123",
      "NameServerSettings": {
        "Type": "Dynadot Parking",
        "WithAds": "Yes"
      },
      "Whois": {
        "Registrant": {
          "ContactId": "0"
        },
        "Admin": {
          "ContactId": "0"
        },
        "Technical": {
          "ContactId": "0"
        },
        "Billing": {
          "ContactId": "0"
        }
      },
      "Locked": "yes",
      "Disabled": "no",
      "UdrpLocked": "no",
      "RegistrantUnverified": "no",
      "Hold": "no",
      "Privacy": "none",
      "isForSale": "yes",
      "RenewOption": "no renew option",
      "Note": "",
      "Folder": {
        "FolderId": "-1",
        "FolderName": "(no folder)"
      }
    }
  }
}
 

Whoisコマンドの設定

set Whoisコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります。

Whoisリクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
registrant_contactドメインの登録者の情報
admin_contactドメインの管理者情報
technical_contactドメインの技術情報
billing_contactドメインの請求情報
結果のXMLタグ
説明
<SetWhoisResponse></SetWhoisResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetWhoisHeader></SetWhoisHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

Whoisの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_whois&domain=domain4.com&registrant_contact=0&admin_contact=0&technical_contact=0&billing_contact=0

レスポンス(XML形式)
<SetWhoisResponse>
  <SetWhoisHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetWhoisHeader>
</SetWhoisResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_whois&domain=domain4.com&registrant_contact=0&admin_contact=0&technical_contact=0&billing_contact=0

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetWhoisResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

ネームサーバーのコマンドを設定する

セット名前サーバーコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

ネームサーバー設定リクエストパラメータ
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
ns0 - ns12ドメインを使用するために設定する名前サーバーは、最大で13名の名前サーバーを指定できますが、それらはすでにあなたのアカウント内に存在している必要があります
結果のXMLタグ
説明
<SetNsResponse></SetNsResponse>セット名サーバーのレスポンスタグ、レスポンスのルートノードです XML ドキュメント
<SetNsHeader></SetNsHeader>セット名サーバーレスポンスヘッダのタグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

名前サーバーの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_ns&domain=domain1.com,domain2.com&ns0=ns1.hostns.com&ns1=ns2.hostns.com

レスポンス(XML形式)
<SetNsResponse>
  <SetNsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetNsHeader>
</SetNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_ns&domain=domain1.com,domain2.com&ns0=ns1.hostns.com&ns1=ns2.hostns.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

駐車コマンドの設定

セットパーキングコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

駐車リクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
with_ads (オプショナル)サードパーティ広告を希望しない場合は、このパラメータを "no" とともに使用できます。
結果のXMLタグ
説明
<SetParkingResponse></SetParkingResponse>セット駐車応答のタグ、それは応答の根ノードです XML ドキュメントです。
<SetParkingHeader></SetParkingHeader>駐車フォルダヘッダーを設定する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

駐車例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_parking&domain=domain1.com&with_ads=no

レスポンス(XML形式)
<SetParkingResponse>
  <SetParkingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetParkingHeader>
</SetParkingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_parking&domain=domain1.com&with_ads=no

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetParkingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

転送コマンドを設定

セットフォワーディングコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

転送リクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
forward_urlあなたのドメインを転送したいURL。APIコールが適切に解釈されるように、パラメータはエンコードされている必要があります。
is_temp (オプショナル)あなたが望むドメインの転送状態を転送してください。デフォルト値は"temporary",です。恒久的に転送する場合は、このパラメータを"no"と一緒に使用してください。
結果のXMLタグ
説明
<SetForwardingResponse></SetForwardingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetForwardingHeader></SetForwardingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

転送の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_forwarding&forward_url=http%3A%2F%2Fwww.mydomain.com&domain=domain1.com,domain2.com

レスポンス(XML形式)
<SetForwardingResponse>
  <SetForwardingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetForwardingHeader>
</SetForwardingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_forwarding&forward_url=http%3A%2F%2Fwww.mydomain.com&domain=domain1.com,domain2.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetForwardingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

ステルスコマンドの設定

もし通話設定 ステルスコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

ステルスリクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
stealth_urlあなたのドメインを転送したいURL。APIコールが適切に解釈されるように、パラメータはエンコードされている必要があります。
stealth_title (オプショナル)ページのタイトル
結果のXMLタグ
説明
<SetStealthResponse></SetStealthResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetStealthHeader></SetStealthHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ステルスの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_stealth&domain=domain1.com&stealth_title=obama's shop&stealth_url=http%3A%2F%2Fwww.obamashop.com

レスポンス(XML形式)
<SetStealthResponse>
  <SetStealthHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetStealthHeader>
</SetStealthResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_stealth&domain=domain1.com&stealth_title=obama's shop&stealth_url=http%3A%2F%2Fwww.obamashop.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetStealthResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

ホスティングコマンドを設定する

セットホスティングコマンドを呼び出す場合は、次のパラメータを含める必要があります。

ホスティング要求パラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
hosting_typeご希望のホスティングの種類は、"advanced"と"basic"で選択できます。
mobile_view_onホスティングタイプが"advanced",の場合にのみ、このパラメータを"yes"として使用することができます。
結果のXMLタグ
説明
<SetHostingResponse></SetHostingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetHostingHeader></SetHostingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ホスティングの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_hosting&domain=domain8.com&hosting_type=advanced&mobile_view_on=yes

レスポンス(XML形式)
<SetHostingResponse>
  <SetHostingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetHostingHeader>
</SetHostingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_hosting&domain=domain8.com&hosting_type=advanced&mobile_view_on=yes

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetHostingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

DNS2 コマンドの設定

set DNS2 コマンドを呼び出す場合は、以下のパラメータが含まれる必要があります:

set DNS2 コマンドを呼び出すと、現在の DNS 設定が上書きされますことに注意してください。

DNS2リクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
main_record_type0 - main_record_type19 (optional)メインレコードタイプ、 'a'、 'aaaa'、 'cname'、 'forward'、 'txt'、 'mx'、 'stealth'、 'email'
main_record0 - main_record19ドメインのDNSレコードを指定してください
main_recordx0 - main_recordx19標準のJSON形式
subdomain0 - subdomain99 (オプショナル)Subdomain records (オプショナル)
sub_record_type0 - sub_record_type99サブドメインのレコードタイプは、"a"、"aaaa"、"cname"、"forward"、"txt"、"srv"、"mx"、"stealth"、"email"です。
sub_record0 - sub_record99サブドメインのIPアドレスまたはターゲットホスト
sub_recordx0 - sub_recordx99Mx距離、フォワードタイプ、ステルスフォワードタイトルまたはメールエイリアス、main_record_typeが 'フォワード'、'mx'、'ステルス'、'email' の場合に必要です。
ttl (オプショナル)生きる時間
add_dns_to_current_setting (オプショナル)既存のDNS設定に新しいDNS設定を追加したい場合は、「1」と等しく設定してください(オプション)
結果のXMLタグ
説明
<SetDnsResponse></SetDnsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDnsHeader></SetDnsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

DNS2 の設定例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_dns2&domain=domain1.com&main_record_type0=aaaa&main_record0=0:0:0:0:0:0:0:1&main_record_type1=mx&main_record1=mail1.myisp.com&main_recordx1=0&subdomain0=www&sub_record_type0=a&sub_record0=192.168.1.1

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetDnsResponse>
  <SetDnsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDnsHeader>
</SetDnsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_dns2&domain=domain1.com&main_record_type0=aaaa&main_record0=0:0:0:0:0:0:0:1&main_record_type1=mx&main_record1=mail1.myisp.com&main_recordx1=0&subdomain0=www&sub_record_type0=a&sub_record0=192.168.1.1

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetDnsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success"
  }
}
 

メール転送コマンドを設定する

電子メール転送コマンドを設定する呼び出しの場合、以下のパラメーターを含める必要があります。

メール転送リクエストパラメータの設定
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
forward_typeフォワードタイプ、それは "donot": メールを転送しない、 "mx": メールを別のメールホスト(MX レコード)に配信する、 "forward": メールを別のメールホストに配信する
username0 - username9ユーザー名は、"forward_type"が"forward"である場合にのみ使用されます
exist_email0 - exist_email9既存の電子メールアドレスは、"forward_type"が"forward"の場合にのみ使用されます
mx_host0 - mx_host2メールホスト、"forward_type"が"mx"の場合にのみ使用されます
mx_distance0 - mx_distance2Distance0 は最優先事項であり、"forward_type" が "mx" の場合にのみ使用されます。
結果のXMLタグ
説明
<SetEmailForwardingResponse></SetEmailForwardingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetEmailForwardingHeader></SetEmailForwardingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

メール転送の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_email_forward&domain=domain1.com&forward_type=forward&username0=peter&[email protected]

レスポンス(XML形式)
<SetEmailForwardingResponse>
  <SetEmailForwardingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetEmailForwardingHeader>
</SetEmailForwardingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_email_forward&domain=domain1.com&forward_type=forward&username0=peter&[email protected]

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetEmailForwardingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

クリアドメイン設定コマンドを設定する

セットクリアドメイン設定コマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります:

クリアドメイン設定リクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
serviceクリアしたいサービスは「フォワード」「ステルス」「電子メール転送」「DNS」「ネームサーバー」があります
結果のXMLタグ
説明
<SetClearDomainSettingResponse></SetClearDomainSettingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetClearDomainSettingHeader></SetClearDomainSettingHeaderr>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

明確なドメイン設定の例を設定

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_clear_domain_setting&domain=domain1.com&service=nameservers

レスポンス(XML形式)
<SetClearDomainSettingResponse>
  <SetClearDomainSettingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetClearDomainSettingHeader>
</SetClearDomainSettingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_clear_domain_setting&domain=domain1.com&service=nameservers

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetClearDomainSettingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダ設定コマンド

セットフォルダコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります。

フォルダリクエストパラメータを設定する
説明
domain更新するドメイン名は、1つのリクエストごとに1ドメインのみ設定できます
folderドメインを移動したいフォルダ名を指定してください。デフォルトフォルダにドメインを移動する場合は、"Default"をフォルダ名として使用してください。フォルダ名は大文字と小文字を区別します。例えば、"Folder1"と"folder1"は異なるフォルダ名です。
folder_id (オプショナル)ドメインを移動したいフォルダーのID
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderResponse></SetFolderResponse>設定フォルダのタグは、応答のルートノードであり、ドキュメントXMLの一部です。
<SetFolderHeader></SetFolderHeader>フォルダヘッダーを設定する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダの例設定

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder&domain=domian1.com&folder=folder1

レスポンス(XML形式)
<SetFolderResponse>
  <SetFolderHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderHeader>
</SetFolderResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder&domain=domian1.com&folder=folder1

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

更新オプションを設定する

「set renew option command」を呼び出す場合、次のパラメータが含まれている必要があります:

リニューアルオプションリクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
renew_optionそれは可能です
結果のXMLタグ
説明
<SetRenewOptionResponse></SetRenewOptionResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetRenewOptionHeader></SetRenewOptionHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

リニューアルオプションの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_renew_option&domain=domain1.com&renew_option=auto

レスポンス(XML形式)
<SetRenewOptionResponse>
  <SetRenewOptionHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetRenewOptionHeader>
</SetRenewOptionResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_renew_option&domain=domain1.com&renew_option=auto

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetRenewOptionResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

ノート設定コマンド

noteコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

メモリクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメインの場合、リクエストごとに1ドメインのみが設定できます。
noteドメインに設定したいノートは、null にすることも可能です
結果のXMLタグ
説明
<SetNoteResponse></SetNoteResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetNoteHeader></SetNoteHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ノートの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_note&domain=domain1.com&note=Do not modify any information

レスポンス(XML形式)
<SetNoteResponse>
  <SetNoteHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetNoteHeader>
</SetNoteResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_note&domain=domain1.com&note=Do not modify any information

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetNoteResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

顧客 ID の設定コマンド (RESELLER のみ)

カスタマーIDコマンドを呼び出す場合は、以下のパラメーターを含める必要があります。

顧客IDリクエストパラメーターを設定する
説明
domain設定したいドメイン, 複数のドメインはカンマで区切られます (マックス:100)
customer_idドメインに設定する顧客IDは、nullではできません
結果のXMLタグ
説明
<SetCustomerIdResponse></SetCustomerIdResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetCustomerIdHeader></SetCustomerIdHeader>レスポンスヘッダ
<SetCustomerIdContent></SetCustomerIdContent>レスポンスコンテンツ
<SetCustomerIdSuccess></SetCustomerIdSuccess>顧客IDの設定に成功した応答の内容
<SetCustomerIdFailed></SetCustomerIdFailed>顧客IDの設定に失敗しました。レスポンスのコンテンツ
<ResponseCode></ResponseCode>もし操作が成功した場合は "0" は成功、 "-1" は失敗、 "1" は問題を表します
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

顧客IDの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_customer_id&domain=domain1.com,domain2.com&customer_id=123456

レスポンス(XML形式)
<SetCustomerIdResponse>
    <SetCustomerIdHeader>
        <ResponseCode>0</ResponseCode>
        <Status>success</Status>
    </SetCustomerIdHeader>
    <SetCustomerIdContent>
        <SetCustomerIdSuccess>
            <content>
                <Domain>domain1.com</Domain>
                <CustomerId>123456</CustomerId>
            </content>
            <content>
                <Domain>domain2.com</Domain>
                <CustomerId>123456</CustomerId>
            </content>
        </SetCustomerIdSuccess>
    </SetCustomerIdContent>
</SetCustomerIdResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_customer_id&domain=domain1.com,domain2.com&customer_id=123456

レスポンス(JSON形式)
{
    "SetCustomerIdResponse": {
        "ResponseCode": 0,
        "Status": "success",
        "SetCustomerIdSuccess": [
            {
                "Domain": "domain1.com",
                "CustomerId": 123456
            },
            {
                "Domain": "domain2.com",
                "CustomerId": 123456
            }
        ]
    }
}
 

プライバシーコマンドを設定する

プライバシーコマンドを設定する場合は、次のパラメータを含める必要があります:

プライバシーリクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
option設定したいドメインのプライバシーステータスは、"full", "partial",または"off"である可能性があります。
結果のXMLタグ
説明
<SetPrivacyResponse></SetPrivacyResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetPrivacyHeader></SetPrivacyHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

プライバシーの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_privacy&domain=domain1.com&option=off

レスポンス(XML形式)
<SetPrivacyResponse>
  <SetPrivacyHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetPrivacyHeader>
</SetPrivacyResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_privacy&domain=domain1.com&option=off

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetPrivacyResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

TLD 価格

この機能はXMLとJSON形式でのみ利用可能です:

Tld価格リクエストパラメーター
説明
currency (オプショナル)返却結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は、アカウント設定のデフォルト通貨です。
結果のXMLタグ
説明
<TldPriceResponse></TldPriceResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<TldPriceResponseHeader></TldPriceResponseHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<TldPriceContent></TldPriceContent>レスポンスコンテンツ
<TldContent></TldContent>Tld情報
<Tld></Tld>トップレベルドメイン
<Usage></Usage>TLDの使用
<Price></Price>このTLDの価格情報です。サブタグを含みます: :価格の単位 :登録の価格 :更新の価格 :移転の価格
<Privacy></Privacy>このTLDがwhoisプライバシーをサポートしている場合
<GracePeriod></GracePeriod>このTLDのグレース期間の情報。サブタグを含みます: :グレース期間情報の単位 :更新のグレース期間 :削除のグレース期間
<IDN></IDN>このTLDが国際化ドメイン名をサポートしている場合
<Restrictions></Restrictions>ドメイン名

TLD価格の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=tld_price&currency=USD

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<TldPriceResponse>
  <TldPriceResponseHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
    <PriceLevel>Regular Pricing</PriceLevel>
    <Currency>USD</Currency>
  </TldPriceResponseHeader>
  <TldPriceContent>
    <TldContent>
      <Tld>.com</Tld>
      <Usage>Usage</Usage>
      <Price>
        <Unit>(Price/1 year)</Unit>
        <Register>99.00</Register>
        <Renew>60.00</Renew>
        <Transfer>92.00</Transfer>
      </Price>
      <Privacy>Yes</Privacy>
      <GracePeriod>
        <Unit>(Grace Period/days)</Unit>
        <Renew>40</Renew>
        <Delete>5</Delete>
      </GracePeriod>
      <IDN>Yes</IDN>
      <Restrictions>--</Restrictions>
    </TldContent>
  </TldPriceContent>
</TldPriceResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=0&command=tld_price&currency=USD

レスポンス(JSON形式)
{
  "TldPriceResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "PriceLevel": "Regular Pricing",
    "Currency": "USD",
    "TldPrice": [
      {
        "Tld": ".com",
        "Usage": "Usage",
        "Price": {
          "Unit": "(Price/1 year)",
          "Register": "99.00",
          "Renew": "60.00",
          "Transfer": "92.00"
        },
        "Privacy": "Yes",
        "GracePeriod": {
          "Unit": "(Grace Period/days)",
          "Renew": "40",
          "Delete": "5"
        },
        "IDN": "Yes",
        "Restrictions": "--"
      }
    ]
  }
}
 

ドメインリストコマンド

この機能はXMLとJSON形式でのみ利用可能です:

ドメインリクエストパラメータのリスト
説明
customer_id (オプショナル)顧客ID (でデータをフィルタリングする。このパラメータはリセラーのみが使用できます)
結果のXMLタグ
説明
<ListDomainInfoResponse></ListDomainInfoResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<ListDomainInfoHeader></ListDomainInfoHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<ListDomainInfoContent></ListDomainInfoContent>レスポンスコンテンツ
<DomainInfoList></DomainInfoList>ドメイン情報リスト
<DomainInfo></DomainInfo>ドメイン情報
<Domain></Domain>ドメイン
<Name></Name>ドメイン名
<Expiration></Expiration>UNIX時間でのドメインの有効期限(午前0時からのミリ秒、1月1日1970前日のUTCの午前0時から)
<Registration></Registration>Unix時におけるドメイン登録日付((W_1)年(W_2)月のUTCの午前0時からの経過ミリ秒)
<NameServerSettings></NameServerSettings>ネームサーバーの設定
<Type></Type>ネームサーバー設定のタイプ
<WithAds></WithAds>広告ありまたはなし
<Whois></Whois>Whois情報
<Registrant></Registrant>登録者情報
<ContactId></ContactId>コンタクトID
<Admin></Admin>管理情報
<Technical></Technical>技術情報
<Billing></Billing>請求情報
<Locked></Locked>ロックされているかどうか
<Disabled></Disabled>ステータスを有効化する
<Hold></Hold>ホールドする
<Privacy></Privacy>プライバシーの状態
<isForSale></isForSale>販売状況
<RenewOption></RenewOption>更新オプション
<Note></Note>ノート
<Folder></Folder>フォルダ情報
<FolderId></FolderId>フォルダーID
<FolderName></FolderName>フォルダ名

ドメインの例のリスト

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=list_domain

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ListDomainInfoResponse>
  <ListDomainInfoHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </ListDomainInfoHeader>
  <ListDomainInfoContent>
    <DomainInfoList>
      <DomainInfo>
        <Domain>
          <Name>domain-exp140.com</Name>
          <Expiration>1361430589062</Expiration>
          <Registration>1234567890123</Registration>
          <NameServerSettings>
            <Type>Dynadot Parking</Type>
            <WithAds>Yes</WithAds>
          </NameServerSettings>
          <Whois>
            <Registrant>
              <ContactId>0</ContactId>
            </Registrant>
            <Admin>
              <ContactId>0</ContactId>
            </Admin>
            <Technical>
              <ContactId>0</ContactId>
            </Technical>
            <Billing>
              <ContactId>0</ContactId>
            </Billing>
          </Whois>
          <Locked>yes</Locked>
          <Disabled>no</Disabled>
          <UdrpLocked>no</UdrpLocked>
          <RegistrantUnverified>no</RegistrantUnverified>
          <Hold>no</Hold>
          <Privacy>none</Privacy>
          <isForSale>no</isForSale>
          <RenewOption>no renew option</RenewOption>
          <Note/>
          <Folder>
            <FolderId>-1</FolderId>
            <FolderName>(no folder)</FolderName>
          </Folder>
        </Domain>
        <Domain>
          <Name>domain-exp141.com</Name>
          <Expiration>1361430589062</Expiration>
          <Registration>1234567890123</Registration>
          <NameServerSettings>
            <Type>Dynadot Parking</Type>
            <WithAds>Yes</WithAds>
          </NameServerSettings>
          <Whois>
            <Registrant>
              <ContactId>1</ContactId>
            </Registrant>
            <Admin>
              <ContactId>2</ContactId>
            </Admin>
            <Technical>
              <ContactId>3</ContactId>
            </Technical>
            <Billing>
              <ContactId>4</ContactId>
            </Billing>
          </Whois>
          <Locked>yes</Locked>
          <Disabled>no</Disabled>
          <UdrpLocked>no</UdrpLocked>
          <RegistrantUnverified>no</RegistrantUnverified>
          <Hold>no</Hold>
          <Privacy>none</Privacy>
          <isForSale>no</isForSale>
          <RenewOption>no renew option</RenewOption>
          <Note/>
          <Folder>
            <FolderId>-1</FolderId>
            <FolderName>(no folder)</FolderName>
          </Folder>
        </Domain>
      </DomainInfo>
    </DomainInfoList>
  </ListDomainInfoContent>
</ListDomainInfoResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=list_domain

レスポンス(JSON形式)
{
  "ListDomainInfoResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "MainDomains": [
      {
        "Name": "domain-exp140.com",
        "Expiration": "1361430589062",
        "Registration": "1234567890123",
        "NameServerSettings": {
          "Type": "Dynadot Parking",
          "WithAds": "Yes"
        },
        "Whois": {
          "Registrant": {
            "ContactId": "0"
          },
          "Admin": {
            "ContactId": "0"
          },
          "Technical": {
            "ContactId": "0"
          },
          "Billing": {
            "ContactId": "0"
          }
        },
        "Locked": "yes",
        "Disabled": "no",
        "UdrpLocked": "no",
        "RegistrantUnverified": "no",
        "Hold": "no",
        "Privacy": "none",
        "isForSale": "no",
        "RenewOption": "no renew option",
        "Note": "",
        "Folder": {
          "FolderId": "-1",
          "FolderName": "(no folder)"
        }
      },
      {
        "Name": "domain-exp141.com",
        "Expiration": "1361430589062",
        "Registration": "1234567890123",
        "NameServerSettings": {
          "Type": "Dynadot Parking",
          "WithAds": "Yes"
        },
        "Whois": {
          "Registrant": {
            "ContactId": "1"
          },
          "Admin": {
            "ContactId": "2"
          },
          "Technical": {
            "ContactId": "3"
          },
          "Billing": {
            "ContactId": "4"
          }
        },
        "Locked": "yes",
        "Disabled": "no",
        "UdrpLocked": "no",
        "RegistrantUnverified": "no",
        "Hold": "no",
        "Privacy": "none",
        "isForSale": "no",
        "RenewOption": "no renew option",
        "Note": "",
        "Folder": {
          "FolderId": "-1",
          "FolderName": "(no folder)"
        }
      }
    ]
  }
}
 

コンタクトコマンドを作成する

連絡先の作成コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

コンタクトリクエストパラメータを作成する
説明
organization (オプショナル)組織情報
name名前
emailメール
phonenum電話番号
phonecc国際電話番号
faxnum (オプショナル)ファックス番号
faxcc (オプショナル)ファックス国コード
address1住所1
address2 (オプショナル)住所2
city都市
state (オプショナル)
zip郵便番号
country
結果のXMLタグ
説明
<CreateContactResponse></CreateContactResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<CreateContactHeader></CreateContactHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<CreateContactContent></CreateContactContent>新しい連絡先ID、ステータスが"success"の場合のみ使用されます

連絡先作成の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=create_contact&name=Webb&[email protected]&phonenum=8662623399&phonecc=1&address1=PO Box 345&city=San Mateo&state=America&zip=94401&country=US

レスポンス(XML形式)
<CreateContactResponse>
  <CreateContactHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </CreateContactHeader>
  <CreateContactContent>
    <ContactId>1234</ContactId>
  </CreateContactContent>
</CreateContactResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=create_contact&name=Webb&[email protected]&phonenum=8662623399&phonecc=1&address1=PO Box 345&city=San Mateo&state=America&zip=94401&country=US

レスポンス(JSON形式)
{
   "CreateContactResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "CreateContactContent":{
         "ContactId":"0"
      }
   }
}
 

編集連絡先コマンド

コンタクト編集コマンドを呼び出す場合は、次のパラメータを含める必要があります:

連絡先リクエストパラメータの編集
説明
contact_id編集したい連絡先のID
organization (オプショナル)組織情報
name名前
emailメール
phonenum電話番号
phonecc国際電話番号
faxnum (オプショナル)ファックス番号
faxcc (オプショナル)ファックス国コード
address1住所 1
address2 (オプショナル)住所2
city都市
state
zip郵便番号
country
結果のXMLタグ
説明
<EditContactResponse></EditContactResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<EditContactHeader></EditContactHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<EditContactContent></EditContactContent>レスポンスコンテンツ
<ContactId></ContactId>連絡先のID
リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=edit_contact&contact_id=0&name=Webb&[email protected]&phonenum=8662623399&phonecc=1&address1=PO Box 345&city=San Mateo&state=U.S&zip=94401&country=US

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<EditContactResponse>
  <EditContactHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </EditContactHeader>
  <EditContactContent>
    <ContactId>0</ContactId>
  </EditContactContent>
</EditContactResponse>
リクエスト(CSV形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=edit_contact&contact_id=0&name=Webb&[email protected]&phonenum=8662623399&phonecc=1&address1=PO Box 345&city=San Mateo&state=U.S&zip=94401&country=US

応答 (CSV形式)
ok,

success,
,
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=edit_contact&contact_id=0&name=Webb&[email protected]&phonenum=8662623399&phonecc=1&address1=PO Box 345&city=San Mateo&state=U.S&zip=94401&country=US

レスポンス(JSON形式)
{
  "EditContactResponse": {
    "ResponseCode": "0",
    "Status": "success",
    "EditContactContent": {
      "ContactId": "0"
    }
  }
}
 

連絡先EU設定コマンドを設定します

「連絡先eu設定コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

コンタクトEU設定リクエストパラメータの設定
説明
contact_id編集したい連絡先のID
country_of_citizenshipEUの加盟国である必要があります。加盟国の国コードは次のとおりです:AT、BE、BG、HR、CY、CZ、DK、EE、FI、FR、DE、GR、HU、IS、IE、IT、LV、LI、LT、LU、MT、NL、NO、PL、PT、RO、SK、SI、ES、SE
結果のXMLタグ
説明
<SetContactEUSettingResponse></SetContactEUSettingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetContactEUSettingHeader></SetContactEUSettingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<SetContactEUSettingContent></SetContactEUSettingContent>レスポンスコンテンツ
<ContactId></ContactId>連絡先のID

連絡先EU設定例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_contact_eu_setting&contact_id=0&country_of_citizenship=AT

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetContactEUSettingResponse>
  <SetContactEUSettingHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </SetContactEUSettingHeader>
  <SetContactEUSettingContent>
    <ContactId>0</ContactId>
  </SetContactEUSettingContent>
</SetContactEUSettingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_contact_eu_setting&contact_id=0&country_of_citizenship=AT

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetContactEUSettingResponse": {
    "ResponseCode: ": "0",
    "Status": "Success",
    "SetContactEUSettingContent": {
      "ContactId: ": "0"
    }
  }
}
 

連絡先LV設定コマンドを設定する

コンタクトlv設定コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

コンタクトLV設定リクエストパラメータを設定します
説明
contact_id編集したい連絡先のID
registration_number- 個人の場合、ラトビアの身分証番号を入力してください。
- 法人やその他の法的実体の場合、ラトビアの企業登記簿によって発行された登録番号を入力してください。
vat_number (オプショナル)ヨーロッパ連合諸国に登録された外国法人のためのVAT(付加価値税)番号(これにはラトビアの企業も含まれます)
結果のXMLタグ
説明
<SetContactLvSettingResponse></SetContactLvSettingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetContactLvSettingHeader></SetContactLvSettingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<SetContactLvSettingContent></SetContactLvSettingContent>レスポンスコンテンツ
<ContactId></ContactId>連絡先のID

連絡先LV設定の例

リクエスト(CSV形式)

https://api.dynadot.com/api3.csv?key=mykey&command=set_contact_lv_setting&contact_id=0&registration_number=test_reg_number&vat_number=test_vat_number

応答 (CSV形式)
ok,success,0
リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_contact_lv_setting&contact_id=0&registration_number=test_reg_number&vat_number=test_vat_number

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetContactLvSettingResponse>
  <SetContactLvSettingHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </SetContactLvSettingHeader>
  <SetContactLvSettingContent>
    <ContactId>0</ContactId>
  </SetContactLvSettingContent>
</SetContactLvSettingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_contact_lv_setting&contact_id=0&registration_number=test_reg_number&vat_number=test_vat_number

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetContactLvSettingResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "SetContactLvSettingContent": {
      "ContactId: ": "0"
    }
  }
}
 

コンタクトを削除するコマンド

連絡先削除コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

連絡先のリクエストパラメータを削除する
説明
contact_id削除したい連絡先のIDです。コンマで区切られていることを確認してください。
結果のXMLタグ
説明
<DeleteContactResponse></DeleteContactResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<DeleteContactHeader></DeleteContactHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

連絡先の削除例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=delete_contact&contact_id=0

レスポンス(XML形式)
<DeleteContactResponse>
  <DeleteContactHeader>
    <SuccessCode>-1</SuccessCode>
    <Status>error</Status>
    <Error>cannot delete these contacts (Jack Slater). Because they are in use.</Error>
  </DeleteContactHeader>
</DeleteContactResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=delete_contact&contact_id=0

レスポンス(JSON形式)
{
   "DeleteContactResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

連絡先リストコマンド

このコマンドは XML と JSON 形式でのみ利用できます:

連絡先リストの要求パラメータ
説明
N/A追加のパラメータは必要ありません。
結果のXMLタグ
説明
<ContactListResponse></ContactListResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<ContactListHeader></ContactListHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<ContactListContent></ContactListContent>レスポンスコンテンツ
<ContactList></ContactList>コンタクトリスト
<Contact></Contact>連絡先情報
<ContactId></ContactId>コンタクトID
<Organization></Organization>連絡先の組織
<Name></Name>名前
<Email></Email>メール
<PhoneCc></PhoneCc>国際電話番号
<PhoneNum></PhoneNum>電話番号
<FaxCc></FaxCc>ファックス国コード
<FaxNum></FaxNum>ファックス番号
<Address1></Address1>住所 1
<Address2></Address2>住所2
<City></City>都市
<State></State>
<ZipCode></ZipCode>郵便番号
<Country></Country>
<GtldVerified></GtldVerified>gTLDの検証ステータス

連絡先リストの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=contact_list

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ContactListResponse>
  <ContactListHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </ContactListHeader>
  <ContactListContent>
    <ContactList>
      <Contact>
        <ContactId>0</ContactId>
        <Organization/>
        <Name>Jack Slater</Name>
        <Email>[email protected]</Email>
        <PhoneCc>1</PhoneCc>
        <PhoneNum>555.555.5233</PhoneNum>
        <FaxCc/>
        <FaxNum/>
        <Address1>1 Free Way</Address1>
        <Address2/>
        <City>Los Angeles</City>
        <State>CA</State>
        <ZipCode>90068</ZipCode>
        <Country>US</Country>
        <GtldVerified>no</GtldVerified>
      </Contact>
      <Contact>
        <ContactId>1</ContactId>
        <Organization/>
        <Name>John tester</Name>
        <Email>[email protected]</Email>
        <PhoneCc>1</PhoneCc>
        <PhoneNum>123.456.7890</PhoneNum>
        <FaxCc>1</FaxCc>
        <FaxNum>123.456.7890</FaxNum>
        <Address1>high Way first</Address1>
        <Address2/>
        <City>San Francisco</City>
        <State>CA</State>
        <ZipCode>90068</ZipCode>
        <Country>US</Country>
        <GtldVerified>yes</GtldVerified>
      </Contact>
    </ContactList>
  </ContactListContent>
</ContactListResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=contact_list

レスポンス(JSON形式)
{
  "ContactListResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "ContactList": [
      {
        "ContactId": "0",
        "Organization": "",
        "Name": "Jack Slater",
        "Email": "[email protected]",
        "PhoneCc": "1",
        "PhoneNum": "555.555.5233",
        "FaxCc": "",
        "FaxNum": "",
        "Address1": "1 Free Way",
        "Address2": "",
        "City": "Los Angeles",
        "State": "CA",
        "ZipCode": "90068",
        "Country": "US",
        "GtldVerified": "no"
      },
      {
        "ContactId": "1",
        "Organization": "",
        "Name": "John tester",
        "Email": "[email protected]",
        "PhoneCc": "1",
        "PhoneNum": "123.456.7890",
        "FaxCc": "1",
        "FaxNum": "123.456.7890",
        "Address1": "high Way first",
        "Address2": "",
        "City": "San Francisco",
        "State": "CA",
        "ZipCode": "90068",
        "Country": "US",
        "GtldVerified": "yes"
      }
    ]
  }
}
 

コンタクトコマンドを取得する

このコマンドは XML と JSON 形式でのみ利用できます:

連絡先リクエストパラメータの取得
説明
contact_id連絡先のID
結果のXMLタグ
説明
<GetContactResponse></GetContactResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<GetContactHeader></GetContactHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetContactContent></GetContactContent>レスポンスコンテンツ
<Contact></Contact>連絡先情報
<ContactId></ContactId>コンタクトID
<Organization></Organization>連絡先の組織
<Name></Name>名前
<Email></Email>メール
<PhoneCc></PhoneCc>国際電話番号
<PhoneNum></PhoneNum>電話番号
<FaxCc></FaxCc>ファックス国コード
<FaxNum></FaxNum>ファックス番号
<Address1></Address1>住所 1
<Address2></Address2>住所2
<City></City>都市
<State></State>
<ZipCode></ZipCode>郵便番号
<Country></Country>
<GtldVerified></GtldVerified>gTLDの検証ステータス

連絡先の例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_contact&contact_id=10000

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetContactResponse>
  <GetContactHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </GetContactHeader>
  <GetContactContent>
    <GetContact>
      <Contact>
        <ContactId>12345</ContactId>
        <Organization>org</Organization>
        <Name>name</Name>
        <Email>[email protected]</Email>
        <PhoneCc>1</PhoneCc>
        <PhoneNum>555.555.5233</PhoneNum>
        <FaxCc/>
        <FaxNum/>
        <Address1>address1</Address1>
        <Address2>address2</Address2>
        <City>city</City>
        <State>state</State>
        <ZipCode>zipcode</ZipCode>
        <Country>country</Country>
        <GtldVerified>no</GtldVerified>
      </Contact>
    </GetContact>
  </GetContactContent>
</GetContactResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_contact&contact_id=10000

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetContactResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "GetContact": {
      "ContactId": "12345",
      "Organization": "org",
      "Name": "name",
      "Email": "[email protected]",
      "PhoneCc": "1",
      "PhoneNum": "555.555.5233",
      "FaxCc": "",
      "FaxNum": "",
      "Address1": "address1",
      "Address2": "address2",
      "City": "city",
      "State": "state",
      "ZipCode": "zipcode",
      "Country": "country",
      "GtldVerified": "no"
    }
  }
}
 

ネームサーバーコマンドを取得する

name server コマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含めてください:

ネームサーバーリクエストパラメータを取得する
説明
domain翻訳したテキスト
結果のXMLタグ
説明
<GetNsResponse></GetNsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<GetNsHeader></GetNsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<NsContent></NsContent>レスポンスコンテンツ
<Host></Host>サーバーのホスト名
<NsName></NsName>サーバーの名前

ネームサーバーの例を取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=get_ns&domain=mydomain.com

レスポンス(XML形式)
<GetNsResponse>
  <GetNsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetNsHeader>
  <NsContent>
    <Host>ns1.mydomain.com</Host>
    <Host>ns2.mydomain.com</Host>
  </NsContent>
</GetNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_ns&domain=mydomain.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "GetNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "NsContent":{
         "Host":"ns1.mydomain.com",
         "Host":"ns2.mydomain.com"
      }
   }
}
 

名前サーバーコマンドを追加する

name serverコマンドを呼び出す場合は、以下のパラメータが含まれている必要があります。

名前サーバーリクエストパラメータを追加
説明
host追加したい名前サーバーのホスト名
結果のXMLタグ
説明
<AddNsResponse></AddNsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<AddNsHeader></AddNsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<AddNsContent></AddNsContent>レスポンスコンテンツ
<Server></Server>サーバーを設定しました
<Host></Host>新しいサーバーのホスト名
<ServerId></ServerId>新しいサーバのID

名前サーバーの例を追加する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=add_ns&host=ns1.mydomain.com

レスポンス(XML形式)
<AddNsResponse>
  <AddNsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </AddNsHeader>
  <AddNsContent>
    <Server>
      <Host>ns1.mydomain.com</Host>
      <ServerId>0</ServerId>
    </Server>
  </AddNsContent>
</AddNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=add_ns&host=ns1.mydomain.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "AddNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "AddNsContent":{
         "Server":{
            "Host":"ns1.mydomain.com",
            "ServerId":"0"
         }
      }
   }
}
 

ネームサーバーコマンドの登録

登録名前サーバーのコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります。

名前サーバーリクエストパラメータの登録
説明
host自分自身の名前サーバーのホスト名
ipあなた自身の名前サーバーのIPアドレス
結果のXMLタグ
説明
<RegisterNsResponse></RegisterNsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<RegisterNsHeader></RegisterNsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<RegisterNsContent></RegisterNsContent>レスポンスコンテンツ
<Server></Server>サーバータグ
<Host></Host>ホスト名
<ServerId></ServerId>サーバーID

ネームサーバの登録例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=register_ns&host=domain1.com&ip=192.168.1.1

レスポンス(XML形式)
<RegisterNsResponse>
  <RegisterNsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </RegisterNsHeader>
  <RegisterNsContent>
    <Server>
      <Host>domain1.com</Host>
      <ServerId>0</ServerId>
    </Server>
  </RegisterNsContent>
</RegisterNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=register_ns&host=domain1.com&ip=192.168.1.1

レスポンス(JSON形式)
{
   "RegisterNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "RegisterNsContent":{
         "Server":{
            "Host":"ndomain1.com",
            "ServerId":"0"
         }
      }
   }
}
 

ネームサーバーIPコマンドの設定

「名前サーバーIPコマンドの呼び出し時には、次のパラメータを含める必要があります:

ネームサーバーIPリクエストパラメータを設定します
説明
server_id設定したい名前サーバーのID
ip0 - ip9名前サーバーに設定したいIPアドレス、リクエストごとに9つのIPアドレスを設定でき、カンマで区切る必要があります。
結果のXMLタグ
説明
<SetNsIpResponse></SetNsIpResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetNsIpHeader></SetNsIpHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ネームサーバIP設定の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_ns_ip&server_id=1&ip0=192.168.1.1

レスポンス(XML形式)
<SetNsIpResponse>
  <SetNsIpHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetNsIpHeader>
</SetNsIpResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_ns_ip&server_id=1&ip0=192.168.1.1

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetNsIpResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

ネームサーバーコマンドを削除する

削除名サーバコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

ネームサーバーリクエストパラメータを削除する
説明
server_id削除したい名前サーバーのIDをコンマで区切って入力してください
結果のXMLタグ
説明
<DeleteNsResponse></DeleteNsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<DeleteNsHeader></DeleteNsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ネームサーバーの例を削除する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=delete_ns&server_id=0

レスポンス(XML形式)
<DeleteNsResponse>
  <DeleteNsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </DeleteNsHeader>
</DeleteNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=delete_ns&server_id=0

レスポンス(JSON形式)
{
   "DeleteNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

ドメインコマンドによるネームサーバーの削除

ドメインコマンドによる名前サーバーの削除を呼び出す場合、以下のパラメーターが含まれる必要があります:

ドメインリクエストパラメータによるネームサーバーを削除
説明
server_domainネームサーバーの名前。例:ns1.testnameserver.com
結果のXMLタグ
説明
<DeleteNsResponse></DeleteNsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<DeleteNsHeader></DeleteNsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ドメインの例によるネームサーバーの削除

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=delete_ns_by_domain&server_domain=ns1.testnameserver.com

レスポンス(XML形式)
<DeleteNsResponse>
  <DeleteNsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </DeleteNsHeader>
</DeleteNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=delete_ns_by_domain&server_domain=ns1.testnameserver.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "DeleteNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

サーバーリストコマンド

このコマンドは XML と JSON 形式でのみ利用できます:

サーバーリストのリクエストパラメータ
説明
N/A追加のパラメータは必要ありません。
結果のXMLタグ
説明
<ServerListResponse></ServerListResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<ServerListHeader></ServerListHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<ServerListContent></ServerListContent>レスポンスコンテンツ
<NameServerList></NameServerList>ネームサーバーリスト
<List></List>
<Server></Server>
<ServerId></ServerId>サーバーID
<ServerName></ServerName>サーバー名
<ServerIp></ServerIp>サーバーIP

サーバーリストの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=server_list

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<ServerListResponse>
  <ServerListHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </ServerListHeader>
  <ServerListContent>
    <NameServerList>
      <List>
        <Server>
          <ServerId>0</ServerId>
          <ServerName>ns1.com</ServerName>
        </Server>
        <Server>
          <ServerId>1</ServerId>
          <ServerName>domain1.com</ServerName>
          <ServerIp>192.168.1.1</ServerIp>
          <ServerIp>1.1.1.1</ServerIp>
        </Server>
      </List>
    </NameServerList>
  </ServerListContent>
</ServerListResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=server_list

レスポンス(JSON形式)
{
  "ServerListResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "ServerList": [
      {
        "ServerId": "0",
        "ServerName": "ns1.com"
      },
      {
        "ServerId": "1",
        "ServerName": "domain1.com",
        "ServerIps": [
          {
            "Ip": "192.168.1.1"
          },
          {
            "Ip": "1.1.1.1"
          }
        ]
      }
    ]
  }
}
 

ドメインネームサーバー設定コマンドを取得する

ドメインネームサーバー設定コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

ドメインネームサーバーの設定リクエストパラメーターを取得します
説明
domain取得したい名前サーバー設定のドメインのみ、1つのリクエストごとに1ドメインの名前サーバー設定を取得できます。
結果のXMLタグ
説明
<GetDnsResponse></GetDnsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<GetDnsHeader></GetDnsHeader>レスポンスヘッダ
<ResponseCode></ResponseCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetDnsContent></GetDnsContent>レスポンスコンテンツ
<NameServerSettings></NameServerSettings>ドメインの名前サーバーの設定
<Type></Type>ドメインの名前サーバータイプ

ドメイン名サーバーの設定例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_dns&domain=mydomain.com

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetDnsResponse>
  <GetDnsHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </GetDnsHeader>
  <GetDnsContent>
    <NameServerSettings>
      <Type>Dynadot Parking</Type>
      <WithAds>Yes</WithAds>
    </NameServerSettings>
  </GetDnsContent>
</GetDnsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_dns&domain=mydomain.com

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetDnsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "GetDns": {
      "NameServerSettings": {
        "Type": "Dynadot Parking",
        "WithAds": "Yes"
      }
    }
  }
}
 

転送認証コードコマンドの取得

オーソリゼーションコードをリクエストする前に、ドメインとアカウントをアンロックする必要があります。

トランスファーオーザーコードのリクエストパラメータを取得する
説明
domain移管認証コードを取得したいドメイン名、リクエストごとには1つの1ドメインのみが入力可能です。
new_code (optional)新しい転送認証コードを生成する
unlock_domain_for_transfer (Optional. Requires api skip lock agreement to use)ドメインを転送するためにロックを解除したい場合は、「1」と設定します。リクエストが正常に処理された場合、ドメインはロック解除されます。
結果のXMLタグ
説明
<GetTransferAuthCodeResponse></GetTransferAuthCodeResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetTransferAuthCodeHeader></GetTransferAuthCodeHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<AuthCode></AuthCode>オーセンティケーションコードは、ドメインの移転を開始するために使用されます。

トランスファーオーソリティコードの例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_transfer_auth_code&domain=domian1.com&new_code=1&unlock_domain_for_transfer=1

レスポンス(XML形式)
<GetTransferAuthCodeResponse>
   <GetTransferAuthCodeHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
      <AuthCode>testauthcode</AuthCode>
   </GetTransferAuthCodeHeader>
</GetTransferAuthCodeResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_transfer_auth_code&domain=domian1.com&new_code=1&unlock_domain_for_transfer=1

レスポンス(JSON形式)
{
   "GetTransferAuthCodeResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "AuthCode":"testauthcode"
   }
}
 

転送状況コマンドを取得する

移転のステータスを取得するコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターが含まれる必要があります:

転送ステータス要求パラメータを取得する
説明
domainトランスファーステータスを取得したいドメイン名は、リクエストごとに1つのドメインのみが入力できます 1
transfer_type転送状態を取得したい転送タイプ(転入または転出)
結果のXMLタグ
説明
<GetTransferStatusResponse></GetTransferStatusResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetTransferStatusHeader></GetTransferStatusHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetTransferStatusContent></GetTransferStatusContent>レスポンスコンテンツ
<TransferList></TransferList>転送リスト
<Transfer></Transfer>情報を転送する
<OrderId></OrderId>注文ID
<TransferStatus></TransferStatus>ドメインの転送ステータス。 'なし'または '承認済み'を取得した場合、転送をキャンセルすることができます。 '待機'を取得した場合、すでに転送が開始されています。 '認証コードが必要'を取得した場合、認証コードが正しくありません。別のAPI SET_TRANSFER_AUTHを使用して認証コードを再送信できます。 その他のステータスもありますので、メールを送信するか、エンジニアによるチェックが必要です。

転送ステータスの例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_transfer_status&domain=domian1.com&transfer_type=in

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetTransferStatusResponse>
  <GetTransferStatusHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetTransferStatusHeader>
  <GetTransferStatusContent>
    <TransferList>
      <Transfer>
        <OrderId>testorderid</OrderId>
        <TransferStatus>teststatus</TransferStatus>
      </Transfer>
      <Transfer>
        <OrderId>testorderid2</OrderId>
        <TransferStatus>teststatus2</TransferStatus>
      </Transfer>
    </TransferList>
  </GetTransferStatusContent>
</GetTransferStatusResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_transfer_status&domain=domian1.com&transfer_type=in

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetTransferStatusResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "TransferList": [
      {
        "OrderId": "testorderid",
        "TransferStatus": "teststatus"
      },
      {
        "OrderId": "testorderid2",
        "TransferStatus": "teststatus2"
      }
    ]
  }
}
 

転送注文コマンド用の転送認証コードを設定する

転送注文の処理のための認証コードを更新するためのコマンド。転送認証コードの設定を呼び出す場合は、次のパラメーターを含める必要があります。

トランスファーオーソリティコードリクエストパラメータの設定
説明
domainトランスファーオーセンティケーションを更新するドメイン名について、リクエストごとに 1 ドメインのみが入力可能です。
auth_code再提出したい認証コード
order_id転送のオーダーIDは、別のAPI get_transfer_statusから取得することができます。
結果のXMLタグ
説明
<GetTransferStatusResponse></GetTransferStatusResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetTransferStatusHeader></GetTransferStatusHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

転送認証コード例の設定

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_transfer_auth_code&domain=domain4.com&auth_code=testauthcode

レスポンス(XML形式)
<SetTransferAuthCodeResponse>
   <SetTransferAuthCodeHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </SetTransferAuthCodeHeader>
</SetTransferAuthCodeResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_transfer_auth_code&domain=domain4.com&auth_code=testauthcode

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetTransferAuthCodeResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

注文コマンドの転送をキャンセル

このコマンドにより、注文の転送料アイテムをキャンセルすることができます。転送料キャンセルコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

転送リクエストパラメータのキャンセル
説明
domain転送をキャンセルしたいドメイン名は、リクエストごとに1ドメインのみが入力できます
order_id転送のオーダーIDは、別のAPI get_transfer_statusから取得することができます。
結果のXMLタグ
説明
<CancelTransferResponse></CancelTransferResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<CancelTransferHeader></CancelTransferHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

キャンセルトランスファーの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=cancel_transfer&domain=domain4.com

レスポンス(XML形式)
<CancelTransferResponse>
   <CancelTransferHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </CancelTransferHeader>
</CancelTransferResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=cancel_transfer&domain=domain4.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "CancelTransferResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

転送許可コマンド(再販業者のみ)

権限付与移転依頼パラメーター
説明
domain転送を許可するドメイン名は、リクエストごとに 1 のドメインのみ入力できます
order_id移管したいドメインのDynadotの注文ID
authorize移転を許可するには、「承認」と等しく設定してください。移転を拒否するには、「拒否」と等しく設定してください。
結果のXMLタグ
説明
<AuthorizeTransferAwayResponse></AuthorizeTransferAwayResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<AuthorizeTransferAwayHeader></AuthorizeTransferAwayHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<Result></Result>認可された移転の結果

転送先の例を承認する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=authorize_transfer_away&domain=domian.com&authorize=approve&order_id=123

レスポンス(XML形式)
<AuthorizeTransferAwayResponse>
   <AuthorizeTransferAwayHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
      <Result>away_approved</Result>
   </AuthorizeTransferAwayHeader>
</AuthorizeTransferAwayResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=authorize_transfer_away&domain=domian.com&authorize=approve&order_id=123

レスポンス(JSON形式)
{
   "AuthorizeTransferAwayResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "Result":"away_approved"
   }
}
 

CN監査コマンドを作成する

このコマンドにより、連絡先のCN監査を作成できます。cn監査コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

CN監査リクエストパラメータを作成する
説明
contact_idオーディットを開始するために必要な連絡先レコードIDは、1つのリクエストあたり1の連絡先IDのみ入力できます。
contact_type連絡先のタイプ、 '個人'または 'エンタープライズ'のいずれかが可能です
individual_id_type自然人のIDタイプ、予想される値(値の説明)は:
JGZ (Officer's identity card of the People's Republic of China)
SFZ (ID card of the People's Republic of China)
HZ (Passport)
GAJMTX (Exit-Entry Permit for Travelling to and from Hong Kong and Macao)
TWJMTX (Travel passes for Taiwan Residents to Enter or Leave the Mainland)
WJLSFZ (Foreign Permanent Resident ID Card of the People's Republic of China)
GAJZZ (Residence permit for Hong Kong, Macao)
TWJZZ (Residence permit for Taiwan residents)
QT (Others)
individual_license_id個人のIDのライセンス番号
individual_url自然人ライセンスIDのドキュメント。サーバー上のファイルURLです。jpg、gif、png、jpegのみが許可されています。
enterprise_id_type (Mandatory when contact type is "Enterprise")エンタープライズIDタイプ、期待される値(値の説明)は次の通りです:
ORG (Organization Code Certificate)
YYZZ (Business License)
TYDM (Certificate for Uniform Social Credit Code)
BDDM (Military Code Designation)
JDDWFW (Military Paid External Service License)
SYDWFR (Public Institution Legal Person Certificate)
WGCZJG (Resident Representative Offices of Foreign Enterprises Registration Form)
SHTTFR (Social Organization Legal Person Registration Certificate)
ZJCS (Religion Activity Site Registration Certificate)
MBFQY (Private Non-Enterprise Entity Registration Certificate)
JJHFR (Fund Legal Person Registration Certificate)
LSZY (Practicing License of Law Firm)
WGZHWH (Registration Certificate of Foreign Cultural Center in China)
WLCZJG (Resident Representative Office of Tourism Departments of Foreign Government Approval Registration Certificate)
SFJD (Judicial Expertise License)
JWJG (Overseas Organization Certificate)
SHFWJG (Social Service Agency Registration Certificate)
MBXXBX (Private School Permit)
YLJGZY (Medical Institution Practicing License)
GZJGZY (Notary Organization Practicing License)
BJWSXX (Beijing School for Children of Foreign Embassy Staff in China Permit)
QTTYDM (Others-Certificate for Uniform Social Credit Code)
QT (Others)
enterprise_license_id (Mandatory when contact type is "Enterprise")法人ドキュメントのライセンス番号
enterprise_url (Mandatory when contact type is "Enterprise")企業ライセンス書類。サーバー上のファイルURL。jpg、gif、png、jpegのみが許可されています。
結果のXMLタグ
説明
<CreateCnAuditResponse></CreateCnAuditResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<CreateCnAuditHeader></CreateCnAuditHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

CN監査の例を作成する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=create_cn_audit&contact_id=testcontactid&contact_type=Enterprise&individual_id_type=SFZ&individual_license_id=testlicenseid&individual_url=url1&enterprise_id_type=ORG&enterprise_license_id=testlicenseid2&enterprise_url=url2

レスポンス(XML形式)
<CreateCnAuditResponse>
  <CreateCnAuditHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </CreateCnAuditHeader>
 </CreateCnAuditResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=create_cn_audit&contact_id=testcontactid&license_id=testlicenseid&url=url

レスポンス(JSON形式)
{
   "CreateCnAuditResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

Cn監査ステータスコマンドを取得

get cn audit statusコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

Cn監査ステータスリクエストパラメータを取得
説明
contact_id監査ステータスを取得するには、取得したい連絡先レコードのIDのみを入力できます。リクエストごとには1つのcontactIdのみ入力できます
gtldcnnic-gtldの監査結果をクエリする場合は、このパラメータを1に設定してください
結果のXMLタグ
説明
<GetCnAuditStatusResponse></GetCnAuditStatusResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetCnAuditStatusHeader></GetCnAuditStatusHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<CnAuditStatus></CnAuditStatus>CNIC監査記録の監査ステータス。 '処理中'、 'CNIC待機中'、または '失敗'のいずれかが表示される場合があります。 失敗した場合は、メールを送信します。
<FailedReason></FailedReason>監査が不合格の場合、失敗の理由が表示されます。

Cn監査状態の例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.xml/api3.xml?key=mykey&command=get_cn_audit_status&contact_id=testcontactid

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetCnAuditStatusResponse>
  <GetCnAuditStatusHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
    <CnAuditStatus>pass</CnAuditStatus>
  </GetCnAuditStatusHeader>
</GetCnAuditStatusResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.json/api3.xml?key=mykey&command=get_cn_audit_status&contact_id=testcontactid

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetCnAuditStatusResponse": {
    "ResponseCode": "0",
    "Status": "success",
    "CnAuditStatus": "pass"
  }
}
 

残高コマンドを取得する

このコマンドはXMLおよびJSON形式のみで利用可能です:

アカウント残高のリクエストパラメータを取得する
説明
N/A追加のパラメータは必要ありません。
結果のXMLタグ
説明
<GetAccountBalanceResponse></GetAccountBalanceResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetAccountBalanceHeader></GetAccountBalanceHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetAccountBalanceContent></GetAccountBalanceContent>レスポンスコンテンツ
<Balance></Balance>口座残高

口座残高例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_account_balance

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetAccountBalanceResponse>
  <GetAccountBalanceHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetAccountBalanceHeader>
  <GetAccountBalanceContent>
    <BalanceList>
      <Balance>
        <Currency>USD</Currency>
        <Amount>300.00</Amount>
      </Balance>
    </BalanceList>
  </GetAccountBalanceContent>
</GetAccountBalanceResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_account_balance

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetAccountBalanceResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "BalanceList": [
      {
        "Currency": "USD",
        "Amount": "300.00"
      }
    ]
  }
}
 

ドメインロックコマンド

ドメインのロックコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

ドメインリクエストパラメータをロックする
説明
domainロックするドメイン名は、リクエストごとに1ドメインのみ入力できます。
結果のXMLタグ
説明
<LockDomainResponse></LockDomainResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<LockDomainHeader></LockDomainHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ドメインのロック例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=lock_domain&domain=domain4.com

レスポンス(XML形式)
<LockDomainResponse>
   <LockDomainferHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </LockDomainHeader>
</LockDomainResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=lock_domain&domain=domain4.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "LockDomainResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

リスティングコマンドを取得する

'リスト取得' コマンドを呼び出す場合は、以下のパラメータを含める必要があります。

リスティング取得要求パラメータ
説明
currency (オプショナル)戻り結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
exclude_pending_sale (オプショナル)保留中の販売ロックリストを取得したくない場合、"yes", に設定し、デフォルトは "no" です。
show_other_registrar (オプショナル)他の登録機関のリストを取得する場合は、"yes",である必要があります。デフォルトは"no"です
結果のXMLタグ
説明
<GetListingsResponse></GetListingsResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetListingsHeader></GetListingsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetListingsContent></GetListingsContent>リストのコンテンツ
<Listing></Listing>リストアイテムのコンテンツ
<ListingId></ListingId>リスティングID
<Domain></Domain>ドメイン名
<Price></Price>価格
<InBoundLinks></InBoundLinks>インバウンドリンクの数
<Age></Age>年齢

リスティング例の取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&currency=usd&command=get_listings

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetListingsResponse>
  <GetListingsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetListingsHeader>
  <GetListingsContent>
    <Listing>
      <ListingId>id1</ListingId>
      <Domain>domain_name1</Domain>
      <Price>1</Price>
      <InboundLinks>1</InboundLinks>
      <Age>1</Age>
      <PendingSaleLocked>No</PendingSaleLocked>
    </Listing>
    <Listing>
      <ListingId>id2</ListingId>
      <Domain>domain_name2</Domain>
      <Price>2</Price>
      <InboundLinks>2</InboundLinks>
      <Age>2</Age>
      <PendingSaleLocked>No</PendingSaleLocked>
    </Listing>
  </GetListingsContent>
</GetListingsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&currency=usd&command=get_listings

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetListingsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "Listing": [
      {
        "ListingId": "id1",
        "Domain": "domain_name1",
        "Price": "1",
        "InboundLinks": "1",
        "Age": "1",
        "PendingSaleLocked": "No"
      },
      {
        "ListingId": "id2",
        "Domain": "domain_name2",
        "Price": "2",
        "InboundLinks": "2",
        "Age": "2",
        "PendingSaleLocked": "No"
      }
    ]
  }
}
 

リスト項目コマンドを取得

get listing itemコマンドを使用する場合、以下のパラメータを含める必要があります:

リスティングアイテムリクエストパラメータの取得
説明
domain詳細を取得したいドメイン名は、リクエストごとに1のみ入力できます
currency (オプショナル)戻り結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetListingItemResponse></GetListingItemResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<GetListingItemHeader></GetListingItemHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetListingsItemContent></GetListingsItemContent>リストのコンテンツ
<Listing></Listing>リストアイテムのコンテンツ
<ListingId></ListingId>リスティングID
<Domain></Domain>ドメイン名
<Price></Price>価格
<InBoundLinks></InBoundLinks>インバウンドリンクの数
<Age></Age>年齢

リストアイテムの例を取得する

リクエスト(XML形式)

http://api.dynadot.com/api3.xml?key=my_key&command=get_listing_item&currency=usd&domain=domain_name

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetListingsItemResponse>
  <GetListingsItemHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetListingsItemHeader>
  <GetListingsItemContent>
    <Listing>
      <ListingId>id</ListingId>
      <Domain>domain_name</Domain>
      <Price>0</Price>
      <InboundLinks>0</InboundLinks>
      <Age>0</Age>
      <PendingSaleLocked>No</PendingSaleLocked>
    </Listing>
  </GetListingsItemContent>
</GetListingsItemResponse>
リクエスト(JSON形式)

http://api.dynadot.com/api3.json?key=my_key&command=get_listing_item&currency=usd&domain=domain_name

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetListingsItemResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "Listing": {
      "ListingId": "id",
      "Domain": "domain_name",
      "Price": "0",
      "InboundLinks": "0",
      "Age": "0",
      "PendingSaleLocked": "No"
    }
  }
}
 

今すぐ購入コマンド

「Buy it now」コマンドを使用する場合、以下のパラメータを含める必要があります:

今すぐ購入するリクエストパラメータ
説明
domain購入したいドメインについて、リクエストごとに 1 のドメインのみ入力できます。
currency (オプショナル)返信結果の通貨、通貨が入力されない場合は"usd", "eur", または "cny",になりますが、アカウントのデフォルト通貨が適用されます。
結果のXMLタグ
説明
<BuyItNowResponse></BuyItNowResponse>レスポンスXMLドキュメントのルートノード XML ドキュメント
<BuyItNowHeader></BuyItNowHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<Message></Message>「ドメインオーダーが作成されました」となるべきですが、ステータスが「成功」の場合にのみ使用されます。

今すぐ購入の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=buy_it_now&domain=domain&currency=currency

レスポンス(XML形式)
<BuyItNowResponse>
   <BuyItNowHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </BuyItNowHeader>
   <Message>domain order created</Message>
</BuyItNowResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=buy_it_now&domain=domain&currency=currency

レスポンス(JSON形式)
{
   "BuyItNowResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "Message":"domain order created"
   }
}
 

アカウント情報コマンド

このコマンドは XML と JSON 形式でのみ利用できます:

アカウント情報のリクエストパラメータ
説明
N/A追加のパラメータは必要ありません。
結果のXMLタグ
説明
<AccountInfoResponse></AccountInfoResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<AccountInfoHeader></AccountInfoHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<AccountInfoContent></AccountInfoContent>レスポンスコンテンツ
<AccountInfo></AccountInfo>アカウント情報
<Username></Username>ユーザー名
<ForumName></ForumName>フォーラム名
<Contact></Contact>連絡先情報
<Organization></Organization>組織
<Organization></Organization>レスポンスヘッダ
<Name></Name>あなたの名前
<Email></Email>メール
<PhoneCc></PhoneCc>国際電話番号
<PhoneNum></PhoneNum>電話番号
<Address1></Address1>住所 1
<Address2></Address2>住所2
<City></City>都市
<State></State>
<ZipCode></ZipCode>郵便番号
<Country></Country>
<CustomerSince></CustomerSince>顧客から
<AccountLock></AccountLock>アカウントロック
<TotalSpending></TotalSpending>総支出
<PriceLevel></PriceLevel>価格水準
<AccountBalance></AccountBalance>口座残高
<CustomTimeZone></CustomTimeZone>カスタムタイムゾーン
<DefaultSettings></DefaultSettings>デフォルト設定
<DefaultWhois></DefaultWhois>デフォルトのWhois
<DefaultRegistrant></DefaultRegistrant>デフォルト登録者
<ContactId></ContactId>コンタクトID
<DefaultAdmin></DefaultAdmin>デフォルトの管理者
<DefaultTechnical></DefaultTechnical>デフォルトのテクニカル
<DefaultBilling></DefaultBilling>デフォルトの請求
<Type></Type>ネームサーバータイプ
<WithAds></WithAds>広告ありまたはなし

アカウント情報の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=account_info

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<AccountInfoResponse>
  <AccountInfoHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </AccountInfoHeader>
  <AccountInfoContent>
    <AccountInfo>
      <Username>testname</Username>
      <ForumName>test forum name</ForumName>
      <Contact>
        <Organization/>
        <Name>testname test</Name>
        <Email>[email protected]</Email>
        <PhoneCc>1</PhoneCc>
        <PhoneNum>555.555.5233</PhoneNum>
        <FaxCc/>
        <FaxNum/>
        <Address1>1 test road</Address1>
        <Address2/>
        <City>Los Angeles</City>
        <State>CA</State>
        <ZipCode>90000</ZipCode>
        <Country>US</Country>
      </Contact>
      <CustomerSince>1364888735253</CustomerSince>
      <AccountLock>on</AccountLock>
      <TotalSpending>$0.00</TotalSpending>
      <PriceLevel>Regular Pricing</PriceLevel>
      <AccountBalance>$70.02</AccountBalance>
      <CustomTimeZone>PST</CustomTimeZone>
      <DefaultSettings>
        <DefaultWhois>
          <DefaultRegistrant>
            <ContactId>0</ContactId>
          </DefaultRegistrant>
          <DefaultAdmin>
            <ContactId>0</ContactId>
          </DefaultAdmin>
          <DefaultTechnical>
            <ContactId>0</ContactId>
          </DefaultTechnical>
          <DefaultBilling>
            <ContactId>0</ContactId>
          </DefaultBilling>
        </DefaultWhois>
        <DefaultNameServerSettings>
          <Type>Dynadot Parking</Type>
          <WithAds>yes</WithAds>
        </DefaultNameServerSettings>
      </DefaultSettings>
    </AccountInfo>
  </AccountInfoContent>
</AccountInfoResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=account_info

レスポンス(JSON形式)
{
  "AccountInfoResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "AccountInfo": {
      "Username": "testname",
      "ForumName": "test forum name",
      "Contact": {
        "Organization": "",
        "Name": "testname test",
        "Email": "[email protected]",
        "PhoneCc": "1",
        "PhoneNum": "555.555.5233",
        "FaxCc": "",
        "FaxNum": "",
        "Address1": "1 test road",
        "Address2": "",
        "City": "Los Angeles",
        "State": "CA",
        "ZipCode": "90000",
        "Country": "US"
      },
      "CustomerSince": "1364888735253",
      "AccountLock": "on",
      "TotalSpending": "$0.00",
      "PriceLevel": "Regular Pricing",
      "AccountBalance": "$70.02",
      "CustomTimeZone": "PST",
      "DefaultSettings": {
        "DefaultWhois": {
          "DefaultRegistrant": {
            "ContactId": "0"
          },
          "DefaultAdmin": {
            "ContactId": "0"
          },
          "DefaultTechnical": {
            "ContactId": "0"
          },
          "DefaultBilling": {
            "ContactId": "0"
          }
        },
        "DefaultNameServerSettings": {
          "Type": "Dynadot Parking",
          "WithAds": "yes"
        }
      }
    }
  }
}
 

デフォルトのWhoisを設定する

デフォルトのWhoisコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれるべきです:

デフォルトのWhoisリクエストパラメータを設定する
説明
registrant_contactドメインの登録者の情報
admin_contactドメインの管理者情報
technical_contactドメインの技術情報
billing_contactドメインの請求情報
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultWhoisResponse></SetDefaultWhoisResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultWhoisHeader></SetDefaultWhoisHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトのWhois例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_whois&registrant_contact=0&admin_contact=0&technical_contact=0&billing_contact=0

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultWhoisResponse>
   <SetDefaultWhoisHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </SetDefaultWhoisHeader>
</SetDefaultWhoisResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_whois&registrant_contact=0&admin_contact=0&technical_contact=0&billing_contact=0

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultWhoisResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトのネームサーバーコマンドを設定する

デフォルトの名前サーバーコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります:

デフォルトの名前サーバーリクエストパラメータを設定します
説明
ns0 - ns12設定したい名前サーバー
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultNsResponse></SetDefaultNsResponse>セットデフォルト名サーバーのレスポンスのタグ、それは応答のルートノードですXMLドキュメント
<SetDefaultNsHeader></SetDefaultNsHeader>デフォルト名前サーバーヘッダーのタグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<SetDefaultNsContent></SetDefaultNsContent>デフォルト名前サーバーコンテンツのタグ、状態が"success"の場合にのみ使用されます
<Servers></Servers>設定したサーバーの情報
<Server></Server>各サーバー
<ServerName></ServerName>サーバー名
<ServerId></ServerId>サーバーID

デフォルトの名前サーバーの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_ns&ns0=ns1.hosts.com&ns1=ns2.host.com

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultNsResponse>
   <SetDefaultNsHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </SetDefaultNsHeader>
   <SetDefaultNsContent>
      <Servers>
         <Server>
            <ServerName>ns1.hosts.com</ServerName>
            <ServerId>0</ServerId>
         </Server>
         <Server>
            <ServerName>ns2.host.com</ServerName>
            <ServerId>1</ServerId>
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
         <Server>
            <ServerName />
            <ServerId />
         </Server>
      </Servers>
   </SetDefaultNsContent>
</SetDefaultNsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_ns&ns0=ns1.hosts.com&ns1=ns2.host.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "SetDefaultNsContent":{
         "Servers":[
            {
               "ServerName":"ns1.hosts.com",
               "ServerId":"0"
            },
            {
               "ServerName":"ns2.host.com",
               "ServerId":"1"
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            }
         ]
      }
   }
}
 

デフォルトの駐車コマンドの設定

デフォルトの駐車コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

デフォルトの駐車要求パラメータの設定
説明
with_ads (オプショナル)第三者の広告を表示したくない場合、このパラメーターを使用することができます。デフォルト値は "yes" で、"no", です。
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultParkingResponse></SetDefaultParkingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultParkingHeader></SetDefaultParkingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトの駐車場例を設定します

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_parking&folder_id=0&with_ads=no

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultParkingResponse>
   <SetDefaultParkingHeader>
      <SuccessCode>0</SuccessCode>
      <Status>success</Status>
   </SetDefaultParkingHeader>
</SetDefaultParkingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_parking&folder_id=0&with_ads=no

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultParkingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトの転送コマンドを設定する

デフォルトの転送コマンドを呼び出す場合は、以下のパラメーターを含める必要があります:

デフォルトの転送リクエストパラメータを設定する
説明
forward_urlあなたのドメインを転送したいURL。APIコールが適切に解釈されるように、パラメータはエンコードされている必要があります。
is_temp (オプショナル)あなたが望むドメインの転送状態を転送してください。デフォルト値は"temporary",です。恒久的に転送する場合は、このパラメータを"no"と一緒に使用してください。
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultForwardingResponse></SetDefaultForwardingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultForwardingHeader></SetDefaultForwardingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトの転送設定の例を設定

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_forwarding&forward_url=http%3A%2F%2Fmydomain.com

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultForwardingResponse>
  <SetDefaultForwardingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultForwardingHeader>
</SetDefaultForwardingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_forwarding&forward_url=http%3A%2F%2Fmydomain.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultForwardingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトステルスコマンドを設定する

デフォルトステルスコマンドの設定時に、以下のパラメータを含める必要があります:

デフォルトのステルスリクエストパラメータを設定する
説明
stealth_urlあなたのドメインを転送したいURL。APIコールが適切に解釈されるように、パラメータはエンコードされている必要があります。
stealth_title (オプショナル)ページのタイトル
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultStealthResponse></SetDefaultStealthResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultStealthHeader></SetDefaultStealthHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトのステルス例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_stealth&stealth_title=obama's shop&stealth_url=http%3A%2F%2Fwww.obamashop.com

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultStealthResponse>
  <SetDefaultStealthHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultStealthHeader>
</SetDefaultStealthResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_stealth&stealth_title=obama's shop&stealth_url=http%3A%2F%2Fwww.obamashop.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultStealthResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトホスティングコマンドを設定する

デフォルトホスティングコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

デフォルトのホスティングリクエストパラメータを設定する
説明
hosting_typeデフォルトのホスティングのタイプ、"advanced" と "basic" から選ぶことができます。
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultHostingResponse></SetDefaultHostingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultHostingHeader></SetDefaultHostingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトのホスティング例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_hosting&hosting_type=advanced

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultHostingResponse>
  <SetDefaultHostingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultHostingHeader>
</SetDefaultHostingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_hosting&hosting_type=advanced

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultHostingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトのDNSコマンドを設定する

デフォルトDNSコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれている必要があります:

(このコマンドは非推奨であり、使用しないでください。代わりにSet Default DNS2コマンドを使用してください。)

デフォルトのDNSリクエストパラメータを設定する
説明
main_record_typeメインレコードタイプ
main_recordドメインに対するDNSレコードを指定してください。
main_txt (オプショナル)ドメインのためのTXTレコードを指定してください。main_record_typeがaaaaで、main_record2も指定した場合は、最大3つのmain_txtsを設定することができます。それ以外の場合は、最大4つのmain_txtsを設定することができます。
main_record2メインレコード2、"main_record_type"が"aaaa"の場合にのみ使用されます。その値はipv4形式でなければなりません。
subdomain0 - subdomain99 (オプショナル)サブドメインのレコード
sub_record_type0 - sub_record_type99 (オプショナル)サブドメインレコードの種類
sub_record0 - sub_record99 (オプショナル)IPアドレスまたはターゲットホスト
mx_host0 - mx_host2 (オプショナル)あなたのドメインのメールホストを指定してください。distance0が最優先です。
mx_distance0 - mx_distance2 (オプショナル)Distance0は最優先です
ttl (オプショナル)生きる時間
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultDnsResponse></SetDefaultDnsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultDnsHeader></SetDefaultDnsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトのDNS設定例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_dns&main_record_type=aaaa&main_record=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultDnsResponse>
  <SetDefaultDnsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultDnsHeader>
</SetDefaultDnsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_dns&main_record_type=aaaa&main_record=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultDnsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトDNS2コマンドを設定する

デフォルトDNSコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれている必要があります:

デフォルトのDNS2リクエストパラメータを設定する
説明
main_record_type0 - main_record_type19メインレコードタイプ
main_record0 - main_record19ドメインのDNSレコードを指定してください
main_recordx0 - main_recordx19Mx距離、フォワードタイプ、ステルスフォワードタイトルまたはメールエイリアスは、main_recordが "a"、 "aaaa"、 "cname"、 "forward"、 "txt"、 "mx"、 "stealth"、 "email"の場合に必要です。
subdomain0 - subdomain99 (オプショナル)サブドメインのレコード
sub_record_type0 - sub_record_type99 (オプショナル)サブドメインレコードの種類
sub_record0 - sub_record99 (オプショナル)サブドメインのIPアドレスまたはターゲットホスト
sub_recordx0 - subdo_recordx99MX距離、フォワードタイプ、ステルスフォワードタイトルまたはメールエイリアスは、sub_record_typeが"a"、"aaaa"、"cname"、"forward"、"txt"、"srv"、"mx"、"stealth"、"email"の場合に必要です。
ttl (オプショナル)生きる時間
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultDnsResponse></SetDefaultDnsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultDnsHeader></SetDefaultDnsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトのDNS2の設定例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_dns2&main_record_type0=aaaa&main_record0=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultDnsResponse>
  <SetDefaultDnsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultDnsHeader>
</SetDefaultDnsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_dns2&main_record_type0=aaaa&main_record0=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultDnsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトのメール転送コマンドを設定する

デフォルトのメール転送コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

デフォルトのメール転送リクエストパラメータを設定する
説明
forward_typeフォワードタイプ、それは "donot": メールを転送しない、 "mx": メールを別のメールホスト(MX レコード)に配信する、 "forward": メールを別のメールホストに配信する
username0 - username9ユーザー名は、"forward_type"が"forward"である場合にのみ使用されます
exist_email0 - exist_email9既存の電子メールアドレスは、"forward_type"が"forward"の場合にのみ使用されます
mx_host0 - mx_host2メールホスト、"forward_type"が"mx"の場合にのみ使用されます
mx_distance0 - mx_distance2Distance0 は最優先事項であり、"forward_type" が "mx" の場合にのみ使用されます。
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultEmailForwardingResponse></SetDefaultEmailForwardingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultEmailForwardingHeader></SetDefaultEmailForwardingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

デフォルトの電子メール転送の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_email_forward&forward_type=forward&username0=peter&[email protected]

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultEmailForwardingResponse>
  <SetDefaultEmailForwardingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultEmailForwardingHeader>
</SetDefaultEmailForwardingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_email_forward&forward_type=forward&username0=peter&[email protected]

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultEmailForwardingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

クリアなデフォルト設定コマンドを設定する

設定のクリアデフォルト設定コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

デフォルト設定リクエストパラメータの設定
説明
serviceクリアしたいサービスは「フォワード」「ステルス」「電子メール転送」「DNS」「ネームサーバー」があります
結果のXMLタグ
説明
<SetClearDefaultSettingResponse></SetClearDefaultSettingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetClearDefaultSettingHeader></SetClearDefaultSettingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

明示的なデフォルト設定の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_clear_default_setting&service=nameservers

レスポンス(XML形式)
<SetClearDefaultSettingResponse>
  <SetClearDefaultSettingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetClearDefaultSettingHeader>
</SetClearDefaultSettingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_clear_default_setting&service=nameservers

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetClearDefaultSettingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

デフォルトの更新オプションコマンドを設定する

デフォルトの更新オプションコマンドを呼び出す場合は、次のパラメータを含める必要があります:

デフォルトの更新オプションリクエストパラメータを設定する
説明
renew_optionそれは可能です
結果のXMLタグ
説明
<SetDefaultRenewOptionResponse></SetDefaultRenewOptionResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetDefaultRenewOptionHeader></SetDefaultRenewOptionHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

標準のJSON形式

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_default_renew_option&renew_option=auto

レスポンス(XML形式)
<SetDefaultRenewOptionResponse>
  <SetDefaultRenewOptionHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDefaultRenewOptionHeader>
</SetDefaultRenewOptionResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_default_renew_option&renew_option=auto

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetDefaultRenewOptionResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダ作成コマンド

フォルダ作成コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれる必要があります。

フォルダ作成リクエストパラメータ
説明
folder_name作成したいフォルダの名前
結果のXMLタグ
説明
<FolderCreateResponse></FolderCreateResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<FolderCreateHeader></FolderCreateHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<FolderCreateContent></FolderCreateContent>レスポンスコンテンツ
<FolderName></FolderName>フォルダ名
<FolderId></FolderId>新しいフォルダのID

フォルダの作成例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=create_folder&folder_name=new

レスポンス(XML形式)
<FolderCreateResponse>
  <FolderCreateHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </FolderCreateHeader>
  <FolderCreateContent>
    <FolderName>new</FolderName>
    <FolderId>1</FolderId>
  </FolderCreateContent>
</FolderCreateResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=create_folder&folder_name=new

レスポンス(JSON形式)
{
   "FolderCreateResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "FolderCreateContent":{
         "FolderName":"new",
         "FolderId":"1"
      }
   }
}
 

フォルダ削除コマンド

set Whoisコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります。

フォルダー削除リクエストパラメータ
説明
folder_id削除したいフォルダーのIDを、カンマで区切ってください。
結果のXMLタグ
説明
<DeleteFolderResponse></DeleteFolderResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<DeleteFolderHeader></DeleteFolderHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダーの削除例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=delete_folder&folder_id=0,1

レスポンス(XML形式)
<DeleteFolderResponse>
  <DeleteFolderHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </DeleteFolderHeader>
</DeleteFolderResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=delete_folder&folder_id=0,1

レスポンス(JSON形式)
{
   "DeleteFolderResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダーのWhoisコマンドを設定する

セットフォルダ Whois コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

フォルダのWhoisリクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
registrant_contactドメインの登録者の情報
admin_contactドメインの管理者情報
technical_contactドメインの技術情報
billing_contactドメインの請求情報
enable (オプショナル)"yes" と一緒にこのパラメータを使用すると、このフォルダに移動する将来のドメインにこの Whois 設定を適用することができます。
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインのWhois設定を同期したい場合、このパラメータを"yes"と一緒に使用できます。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderWhoisResponse></SetFolderWhoisResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderWhoisHeader></SetFolderWhoisHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダWhoisの例を設定してください

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_whois&folder_id=0&registrant_contact=0&admin_contact=0&technical_contact=0&billing_contact=0

レスポンス(XML形式)
<SetFolderWhoisResponse>
  <SetFolderWhoisHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderWhoisHeader>
</SetFolderWhoisResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_whois&folder_id=0&registrant_contact=0&admin_contact=0&technical_contact=0&billing_contact=0

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderWhoisResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダ名サーバーコマンドを設定する

セットフォルダ名サーバコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含めてください:

フォルダ名サーバーリクエストパラメータを設定する
説明
fold_id設定したいフォルダのIDは、リクエストごとにただ1つの1フォルダのみが設定できます。
ns0 - ns12ドメインを使用するために設定する名前サーバーは、最大で13名の名前サーバーを指定できますが、それらはすでにあなたのアカウント内に存在している必要があります
enable (オプショナル)この名前サーバー設定を今後このフォルダに移動するドメインに適用したい場合、このパラメータを使用できます "yes"
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインのネームサーバー設定を同期させたい場合は、このパラメーターを"yes"とともに使用することができます。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderNsResponse></SetFolderNsResponse>設定されたフォルダ名サーバーレスポンスのタグ、応答のルートノードです XML ドキュメント
<SetFolderNsHeader></SetFolderNsHeader>セットフォルダ名サーバーレスポンスヘッダーのタグ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<SetFolderNsContent></SetFolderNsContent>設定フォルダの名前サーバー応答のコンテンツのタグです、ステータスが"success"である場合にのみ使用されます。
<Servers></Servers>設定したサーバーの情報
<Server></Server>各サーバー
<ServerName></ServerName>サーバー名
<ServerId></ServerId>サーバーID

フォルダ名サーバーの設定例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_ns&folder_id=0&ns0=ns1.hosts.com&ns1=ns2.host.com&enable=yes&sync=yes

レスポンス(XML形式)

0 success ns1.hosts.com 0 ns2.host.com 1

リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_ns&folder_id=0&ns0=ns1.hosts.com&ns1=ns2.host.com&enable=yes&sync=yes

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderNsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success",
      "SetFolderNsContent":{
         "Servers":[
            {
               "ServerName":"ns1.hosts.com",
               "ServerId":"0"
            },
            {
               "ServerName":"ns2.host.com",
               "ServerId":"1"
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            },
            {
               "ServerName":"",
               "ServerId":""
            }
         ]
      }
   }
}
 

フォルダ駐車コマンドを設定する

セットフォルダ駐車コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

フォルダ駐車リクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのIDは、リクエストごとにただ1つの1フォルダのみが設定できます。
with_ads (オプショナル)第三者の広告を表示したくない場合、このパラメーターを使用することができます。デフォルト値は "yes" で、"no", です。
enable (オプショナル)このパーキング設定を、このフォルダに移動する将来のドメインに適用する場合は、このパラメーターを "yes" とともに使用できます。
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインの駐車場設定を同期したい場合、"yes"とこのパラメータを使用できます。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderParkingResponse></SetFolderParkingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderParkingHeader></SetFolderParkingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダ駐車の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_parking&folder_id=0&with_ads=no

レスポンス(XML形式)
<SetFolderParkingResponse>
  <SetFolderParkingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderParkingHeader>
</SetFolderParkingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_parking&folder_id=0&with_ads=no

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderParkingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダ転送コマンドの設定

セットフォルダ転送コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

フォルダ転送リクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
forward_urlあなたのドメインを転送したいURL。APIコールが適切に解釈されるように、パラメータはエンコードされている必要があります。
is_temp (オプショナル)あなたが望むドメインの転送状態を転送してください。デフォルト値は"temporary",です。恒久的に転送する場合は、このパラメータを"no"と一緒に使用してください。
enable (オプショナル)この転送設定を将来のドメインに適用する場合は、このパラメーターを "yes" と一緒に使用することができます。
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインの前方設定を同期したい場合は、このパラメーターを使用することができます "yes" とともに
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderForwardingResponse></SetFolderForwardingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderForwardingHeader></SetFolderForwardingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダ転送の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_forwarding&folder_id=0&forward_url=http%3A%2F%2Fmydomain.com&sync=yes

レスポンス(XML形式)
<SetFolderForwardingResponse>
  <SetFolderForwardingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderForwardingHeader>
</SetFolderForwardingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_forwarding&folder_id=0&forward_url=http%3A%2F%2Fmydomain.com&sync=yes

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderForwardingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダステルスコマンドを設定する

ステルスコマンドを設定する場合、次のパラメーターを含める必要があります:

フォルダのステルスリクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
stealth_urlあなたのドメインを転送したいURL。APIコールが適切に解釈されるように、パラメータはエンコードされている必要があります。
stealth_title (オプショナル)ページのタイトル
enable (オプショナル)このステルス設定を今後のドメインに適用したい場合、このパラメータを"yes"と使用することができます。
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインのステルス設定を同期する場合は、このパラメーターを使用することができます "yes" で。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderStealthResponse></SetFolderStealthResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderStealthHeader></SetFolderStealthHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダステルスの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_stealth&folder_id=0&stealth_title=obama's shop&stealth_url=http%3A%2F%2Fwww.obamashop.com&sync=yes

レスポンス(XML形式)
<SetFolderStealthResponse>
  <SetFolderStealthHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderStealthHeader>
</SetFolderStealthResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_stealth&folder_id=0&stealth_title=obama's shop&stealth_url=http%3A%2F%2Fwww.obamashop.com&sync=yes

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderStealthResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダホスティングコマンドを設定する

セットフォルダホスティングコマンドを呼び出す場合は、次のパラメータを含める必要があります:

フォルダホスティングのリクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
hosting_typeご希望のホスティングの種類は、"advanced"と"basic"で選択できます。
enable (オプショナル)このホスティング設定をこのフォルダに移動する将来のドメインに適用したい場合は、このパラメータを "yes" と一緒に使用することができます。
even (オプショナル)このフォルダー内のすべてのドメインのホスティング設定を同期したい場合、このパラメータを"yes"と一緒に使用することができます。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderHostingResponse></SetFolderHostingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderHostingHeader></SetFolderHostingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダーホスティングの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_hosting&folder_id=0&hosting_type=advanced&sync=yes

レスポンス(XML形式)
<SetFolderHostingResponse>
  <SetFolderHostingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderHostingHeader>
</SetFolderHostingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_hosting&folder_id=0&hosting_type=advanced&sync=yes

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderHostingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダDNSコマンドを設定する

フォルダのDNSコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

(このコマンドは期限切れでお勧めできませんので、代わりに Set Folder DNS2 コマンドをご使用ください)

フォルダー DNS要求パラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
main_record_typeメインレコードタイプ
main_recordドメインに対するDNSレコードを指定してください。
main_recordドメインに対するDNSレコードを指定してください。
with_ads (オプショナル)ドメインのためのTXTレコードを指定してください。main_record_typeがaaaaで、main_record2も指定した場合は、最大3つのmain_txtsを設定することができます。それ以外の場合は、最大4つのmain_txtsを設定することができます。
main_record2メインレコード2、"main_record_type"が"aaaa"の場合にのみ使用されます。その値はipv4形式でなければなりません。
subdomain0 - subdomain99 (オプショナル)Subdomain records (オプショナル)
sub_record_type0 - sub_record_type99 (オプショナル)サブドメインレコードの種類
sub_record0 - sub_record99 (オプショナル)IPアドレスまたはターゲットホスト
mx_host0 - mx_host2 (オプショナル)あなたのドメインのメールホストを指定してください。distance0が最優先です。
mx_distance0 - mx_distance2 (オプショナル)Distance0 が最も優先されます
ttl (オプショナル)生きる時間
enable (オプショナル)このDNS設定を、このフォルダに移動する将来のドメインに適用したい場合は、このパラメータを"yes"と一緒に使用できます。
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインのDNSサーバー設定を同期する場合、このパラメータを使用できます "yes"と共に。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderDnsResponse></SetFolderDnsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderDnsHeader></SetFolderDnsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダー DNS の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_dns&folder_id=0&main_record_type=aaaa&main_record=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(XML形式)
<SetFolderDnsResponse>
  <SetFolderDnsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderDnsHeader>
</SetFolderDnsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_dns&folder_id=0&main_record_type=aaaa&main_record=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderDnsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダDNS2コマンドを設定する

set folder DNS2コマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれる必要があります:

フォルダDNS2リクエストパラメーターを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
main_record_type0 - main_record_type19メインレコードタイプ、 'a'、 'aaaa'、 'cname'、 'forward'、 'txt'、 'mx'、 'stealth'、 'email'
main_record0 - main_record19ドメインのDNSレコードを指定してください
main_recordx0 - main_recordx19Mx距離、フォワードタイプ、ステルスフォワードタイトルまたはメールエイリアス、main_record_typeが 'フォワード'、'mx'、'ステルス'、'email' の場合に必要です。
subdomain0 - subdomain99 (オプショナル)Subdomain records (オプショナル)
sub_record_type0 - sub_record_type99 (オプショナル)サブドメインレコードの種類は、「a」、「aaaa」、「cname」、「forward」、「txt」、「srv」、「mx」、「stealth」、「email」である必要があります
sub_record0 - sub_record99 (オプショナル)IPアドレスまたはターゲットホスト
sub_recordx0 - sub_recordx99 (オプショナル)Mx距離、フォワードタイプ、ステルスフォワードタイトルまたはメールエイリアスは、sub_record_typeが"forward"、"mx"、"stealth"、"email"の場合に必要です。
ttl (オプショナル)生きる時間
enable (オプショナル)このDNS設定を、このフォルダに移動する将来のドメインに適用したい場合は、このパラメータを"yes"と一緒に使用できます。
sync (オプショナル)このフォルダ内のすべてのドメインのDNSサーバー設定を同期する場合、このパラメータを使用できます "yes"と共に。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderDnsResponse></SetFolderDnsResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderDnsHeader></SetFolderDnsHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダDNS2の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_dns2&folder_id=0&main_record_type0=aaaa&main_record0=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(XML形式)
<SetFolderDnsResponse>
  <SetFolderDnsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderDnsHeader>
</SetFolderDnsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_dns2&folder_id=0&main_record_type0=aaaa&main_record0=0:0:0:0:0:0:0:1

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderDnsResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダのメール転送コマンドを設定する

フォルダのメール転送コマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

フォルダのメール転送リクエストパラメータを設定する
説明
domain設定したいドメイン名、リクエストごとに 100 個のドメインを設定できます。カンマで区切られていることを確認してください。
folder_id設定したいフォルダのID
forward_typeフォワードタイプ、それは "donot": メールを転送しない、 "mx": メールを別のメールホスト(MX レコード)に配信する、 "forward": メールを別のメールホストに配信する
username0 - username9ユーザー名は、"forward_type"が"forward"である場合にのみ使用されます
exist_email0 - exist_email9既存の電子メールアドレスは、"forward_type"が"forward"の場合にのみ使用されます
mx_host0 - mx_host2メールホスト、"forward_type"が"mx"の場合にのみ使用されます
mx_distance0 - mx_distance2Distance0 は最優先事項であり、"forward_type" が "mx" の場合にのみ使用されます。
enable (オプショナル)この設定を、このフォルダに移動する将来のドメインに適用したい場合は、このパラメータを使用してください "yes" と一緒に。
sync (オプショナル)このフォルダのすべてのドメインのこの設定を同期化したい場合、"yes"とともにこのパラメータを使用することができます。
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderEmailForwardingResponse></SetFolderEmailForwardingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderEmailForwardingHeader></SetFolderEmailForwardingHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダーのメール転送の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_email_forward&folder_id=0&forward_type=forward&username0=peter&[email protected]

レスポンス(XML形式)
<SetFolderEmailForwardingResponse>
  <SetFolderEmailForwardingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderEmailForwardingHeader>
</SetFolderEmailForwardingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_email_forward&folder_id=0&forward_type=forward&username0=peter&[email protected]

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderEmailForwardingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

クリアフォルダー設定コマンドの設定

設定のクリアフォルダ設定コマンドを呼び出す場合は、次のパラメータを含める必要があります:

クリアフォルダ設定リクエストパラメータを設定します
説明
folder_id設定したいフォルダのID
serviceクリアしたいサービスは「フォワード」「ステルス」「電子メール転送」「DNS」「ネームサーバー」があります
結果のXMLタグ
説明
<SetClearFolderSettingResponse></SetClearFolderSettingResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetClearFolderSettingHeader></SetClearFolderSettingHeaderr>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

クリアフォルダ設定の例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_clear_folder_setting&folder_id=0&service=nameservers

レスポンス(XML形式)
<SetClearFolderSettingResponse>
  <SetClearFolderSettingHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetClearFolderSettingHeader>
</SetClearFolderSettingResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_clear_folder_setting&folder_id=0&service=nameservers

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetClearFolderSettingResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダ名設定コマンド

フォルダ名の設定コマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります。

フォルダー名リクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのID
folder_name新しいフォルダ名
結果のXMLタグ
説明
<SetFolderNameResponse></SetFolderNameResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<SetFolderNameHeader></SetFolderNameHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

フォルダ名の例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_name&folder_id=0&folder_name=new

レスポンス(XML形式)
<SetFolderNameResponse>
  <SetFolderNameHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderNameHeader>
</SetFolderNameResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_name&folder_id=0&folder_name=new

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderNameResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダ更新オプションコマンドを設定する

もしフォルダの設定を更新するオプションコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

フォルダの更新オプションリクエストパラメータを設定する
説明
folder_id設定したいフォルダのIDは、リクエストごとにただ1つの1フォルダのみが設定できます。
renew_optionフォルダに設定したい更新オプション; 'donot'、'auto'、または'reset' に設定できます
enable (オプショナル)この更新設定を今後このフォルダに移動するドメインに適用する場合、このパラメータを使用できます "yes"
sync (オプショナル)このフォルダのすべてのドメインの更新設定を同期したい場合、このパラメーターを使用することができます "yes" で。
結果のXMLタグ
説明
<Response></Response>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<ResponseHeader></ResponseHeader>レスポンスヘッダー
<ResponseCode></ResponseCode>応答コード、成功の場合は"0"、失敗の場合は"-1"
<Error></Error>エラー情報, 応答コードが "-1" の場合のみ使用されます

フォルダの更新オプションの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=set_folder_renew_option&folder_id=0&renew_option=auto

レスポンス(XML形式)
<SetFolderRenewOptionResponse>
  <SetFolderRenewOptionHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetFolderRenewOptionHeader>
</SetFolderRenewOptionResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=set_folder_renew_option&folder_id=0&renew_option=auto

レスポンス(JSON形式)
{
   "SetFolderRenewOptionResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

フォルダリストコマンド

このコマンドは XML と JSON 形式でのみ利用できます:

フォルダリストリクエストパラメータ
説明
N/A追加のパラメータは必要ありません。
<FolderListResponse></FolderListResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<FolderListHeader></FolderListHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<FolderListContent></FolderListContent>レスポンスコンテンツ
<FolderList></FolderList>フォルダリスト
<List></List>
<Folder></Folder>
<FolderId></FolderId>フォルダーID
<FolderName></FolderName>フォルダ名
<DefaultWhois></DefaultWhois>デフォルトのWhois
<DefaultWhoisEnableStatus></DefaultWhoisEnableStatus>デフォルトのWhois有効状態
<DefaultRegistrant></DefaultRegistrant>デフォルト登録者
<ContactId></ContactId>コンタクトID
<DefaultAdmin></DefaultAdmin>デフォルトの管理者
<DefaultTechnical></DefaultTechnical>デフォルトの技術情報
<DefaultBilling></DefaultBilling>デフォルトの請求情報
<DefaultNameServerEnableStatus></DefaultNameServerEnableStatus>デフォルトの名前サーバー有効状態
<NameServerSettings></NameServerSettings>ネームサーバーの設定
<Type></Type>ネームサーバータイプ
<WithAds></WithAds>広告ありまたはなし
<DefaultRenewOption></DefaultRenewOption>デフォルトの更新オプション
<DefaultRenewOptionEnableStatus></DefaultRenewOptionEnableStatus>デフォルトの更新オプションの有効状態
<RenewOption></RenewOption>更新オプション
<DefaultTransferLock></DefaultTransferLock>デフォルト転送ロック
<DefaultTransferLockEnableStatus></DefaultTransferLockEnableStatus>デフォルトの転送ロック有効状態
<LockStatus></LockStatus>ロック状態

フォルダリストの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=folder_list

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<FolderListResponse>
  <FolderListHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </FolderListHeader>
  <FolderListContent>
    <FolderList>
      <List>
        <Folder>
          <FolderId>0</FolderId>
          <FolderName>new</FolderName>
          <DefaultWhois>
            <DefaultWhoisEnableStatus>disable</DefaultWhoisEnableStatus>
            <DefaultRegistrant>
              <ContactId>0</ContactId>
            </DefaultRegistrant>
            <DefaultAdmin>
              <ContactId>0</ContactId>
            </DefaultAdmin>
            <DefaultTechnical>
              <ContactId>0</ContactId>
            </DefaultTechnical>
            <DefaultBilling>
              <ContactId>0</ContactId>
            </DefaultBilling>
          </DefaultWhois>
          <DefaultNameServers>
            <DefaultNameServerEnableStatus>disable</DefaultNameServerEnableStatus>
            <NameServerSettings>
              <Type>Dynadot Parking</Type>
              <WithAds>Yes</WithAds>
            </NameServerSettings>
          </DefaultNameServers>
          <DefaultRenewOption>
            <DefaultRenewOptionEnableStatus>disable</DefaultRenewOptionEnableStatus>
            <RenewOption>no renew option</RenewOption>
          </DefaultRenewOption>
          <DefaultTransferLock>
            <DefaultTransferLockEnableStatus>disable</DefaultTransferLockEnableStatus>
            <LockStatus>locked</LockStatus>
          </DefaultTransferLock>
        </Folder>
      </List>
    </FolderList>
  </FolderListContent>
</FolderListResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=folder_list

レスポンス(JSON形式)
{
  "FolderListResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "FolderList": [
      {
        "FolderId": "0",
        "FolderName": "new",
        "DefaultWhois": {
          "DefaultWhoisEnableStatus": "disable",
          "DefaultRegistrant": {
            "ContactId": "0"
          },
          "DefaultAdmin": {
            "ContactId": "0"
          },
          "DefaultTechnical": {
            "ContactId": "0"
          },
          "DefaultBilling": {
            "ContactId": "0"
          }
        },
        "DefaultNameServers": {
          "DefaultTransferLockEnableStatus": "disable",
          "NameServerSettings": {
            "Type": "Dynadot Parking",
            "WithAds": "Yes"
          }
        },
        "DefaultRenewOption": {
          "DefaultRenewOptionEnableStatus": "disable",
          "RenewOption": "no renew option"
        },
        "DefaultTransferLock": {
          "DefaultTransferLockEnableStatus": "disable",
          "LockStatus": "locked"
        }
      }
    ]
  }
}
 

バックオーダーリクエストコマンドを追加する

バックオーダーリクエストコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります。

バックオーダーリクエストのリクエストパラメータを追加してください
説明
domainDynadotがそれをキャッチする場合に追加したいドメイン(またはドメイン)に同意し、支払いをすることに同意します。リクエストごとに100個のドメインを追加することができ、カンマで分ける必要があります
結果のXMLタグ
説明
<AddBackorderRequestResponse></AddBackorderRequestResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<AddBackorderRequestHeader></AddBackorderRequestHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

バックオーダーリクエストの例を追加

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=add_backorder_request&domain=droppingdomain.com,domaindropping.net,domaindrop.org

レスポンス(XML形式)
<AddBackorderRequestResponse>
  <AddBackorderRequestHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </AddBackorderRequestHeader>
</AddBackorderRequestResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=add_backorder_request&domain=droppingdomain.com,domaindropping.net,domaindrop.org

レスポンス(JSON形式)
{
   "AddBackorderRequestResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

バックオーダーリクエストコマンドを削除します

削除バックオーダーリクエストコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

日本語に翻訳されました
説明
domain一覧から削除したいドメイン(複数可)を、バックオーダー依頼リストから削除します。リクエストごとに100個のドメインを削除できます。ドメインは、カンマで区切ってください。
結果のXMLタグ
説明
<DeleteBackorderRequestResponse></DeleteBackorderRequestResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<DeleteBackorderRequestHeader></DeleteBackorderRequestHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

バックオーダーリクエスト例を削除

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=delete_backorder_request&domain=domaindropp.com

レスポンス(XML形式)
<DeleteBackorderRequestResponse>
  <DeleteBackorderRequestHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </DeleteBackorderRequestHeader>
</DeleteBackorderRequestResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=delete_backorder_request&domain=domaindropp.com

レスポンス(JSON形式)
{
   "DeleteBackorderRequestResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

バックオーダーリクエストリストコマンド

バックオーダーリクエストリストコマンドを呼び出すと、指定したアカウントのバックオーダーリクエストリストが返されます。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれる必要があります:

バックオーダーリクエストリストリクエストパラメータ
説明
startDateリクエストするオークションの開始日、yyyy-mm-dd形式、例:2015-05-05
endDateリクエストしたいオークションの終了日、yyyy-mm-dd、例:2015-05-05
結果のXMLタグ
説明
<BackorderRequestListResponse></BackorderRequestListResponse>レスポンス XML ドキュメントのルートノード
<BackorderRequestListHeader></BackorderRequestListHeader>レスポンスヘッダ
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<BackorderRequestListContent></BackorderRequestListContent>レスポンスコンテンツ
<BackorderRequestList></BackorderRequestList>バックオーダーリクエストリスト
<BackorderRequest></BackorderRequest>バックオーダーリクエスト
<Domain></Domain>リスト上のドメイン
<CutoffTime></CutoffTime>Unix 時間でのリクエスト削除の締め切り日(1970 月 1 日の午前 0 時 UTC からのミリ秒)
<BackorderRequestStatus></BackorderRequestStatus>ドロップキャッチプロセスのステータス

バックオーダーリクエストリストの例

リクエスト(XML形式)

http://api.dynadot.com/api3.xml?key=1&command=backorder_request_list&startDate=2015-01-01&endDate=2015-5-20

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<BackorderRequestListResponse>
  <BackorderRequestListHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </BackorderRequestListHeader>
  <BackorderRequestListContent>
    <BackorderRequestList>
      <BackorderRequest>
        <DomainName>testdrop.com</DomainName>
        <CutoffTime>1403914140000</CutoffTime>
        <BackorderRequestStatus>Active</BackorderRequestStatus>
      </BackorderRequest>
      <BackorderRequest>
        <DomainName>testdrop3.com</DomainName>
        <CutoffTime>1403914140000</CutoffTime>
        <BackorderRequestStatus>Active</BackorderRequestStatus>
      </BackorderRequest>
      <BackorderRequest>
        <DomainName>testdrop4.com</DomainName>
        <CutoffTime>1403914140000</CutoffTime>
        <BackorderRequestStatus>Active</BackorderRequestStatus>
      </BackorderRequest>
      <BackorderRequest>
        <DomainName>testdrop5.com</DomainName>
        <CutoffTime>1403914140000</CutoffTime>
        <BackorderRequestStatus>Active</BackorderRequestStatus>
      </BackorderRequest>
    </BackorderRequestList>
  </BackorderRequestListContent>
</BackorderRequestListResponse>
リクエスト(CSV形式)

http://api.dynadot.com/api3.html?key=1&command=backorder_request_list&startDate=2015-01-01&endDate=2015-5-20

応答 (CSV形式)
ok,success,Domain,CutoffTime,BackorderRequestStatus,testdrop.com,1403914140000,Active,testdrop3.com,1403914140000,Active,testdrop4.com,1403914140000,Active,testdrop5.com,1403914140000,Active
リクエスト(JSON形式)

http://api.dynadot.com/api3.json?key=1&command=backorder_request_list&startDate=2015-01-01&endDate=2015-5-20

レスポンス(JSON形式)
{
  "BackorderRequestListResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "BackorderRequestList": [
      {
        "DomainName": "testdrop.com",
        "CutoffTime": "1403914140000",
        "BackorderRequestStatus": "Active"
      },
      {
        "DomainName": "testdrop3.com",
        "CutoffTime": "1403914140000",
        "BackorderRequestStatus": "Active"
      },
      {
        "DomainName": "testdrop4.com",
        "CutoffTime": "1403914140000",
        "BackorderRequestStatus": "Active"
      },
      {
        "DomainName": "testdrop5.com",
        "CutoffTime": "1403914140000",
        "BackorderRequestStatus": "Active"
      }
    ]
  }
}
 

オープンオークションコマンドを取得する

get open auctionsコマンドを呼び出すと、進行中のオークションのリストが返されます。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

オークションリクエストパラメータを取得する
説明
currency (オプショナル)戻り結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
type表示したいオークションのタイプは、"expired", "user", "backorder", または "registry_expired",である必要があります。複数のオークションタイプを取得したい場合は、","を使用して各オークションタイプを区切ることができます。
結果のXMLタグ
説明
<GetOpenAuctionsResponse></GetOpenAuctionsResponse>オープンオークション応答のタグ、それは応答ドキュメント XML のルートノードです。
<GetOpenAuctionsHeader></GetOpenAuctionsHeader>オープンオークションのヘッダーを取得する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetOpenAuctionsContent></GetOpenAuctionsContent>オープンオークションのコンテンツタグを取得しますが、状態が "success" の場合にのみ使用されます。
<Auction></Auction>オークションアイテムのタグ。ステータスが "success" の場合のみ使用されます。
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<BidPrice></BidPrice>オークションの現在の入札価格
<BidPriceCurrency></BidPriceCurrency>入札価格の通貨
<Bids></Bids>オークション入札の数
<EndTime></EndTime>オークション終了時刻
<EndTimestamp></EndTimestamp>競売の終了日(Unix時間で、UTCの1月1, 1970の午前0時以降の経過ミリ秒)
<Revenue></Revenue>オークションの収益
<RevenueCurrency></RevenueCurrency>収益の通貨
<Visitors></Visitors>ドメインの訪問者
<Links></Links>ドメインのインバウンドリンク
<Age></Age>ドメインの年齢

オープンオークションの例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_open_auctions&currency=usd&type=expired

レスポンス(XML形式)
<GetOpenAuctionsResponse>
  <GetOpenAuctionsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetOpenAuctionsHeader>
  <GetOpenAuctionsContent>
    <Auction>
           <AuctionId>0</AuctionId>
            <Domain>domain.com</Domain>
            <BidPrice>63.99</BidPrice>
            <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
            <Bids>0</Bids>
            <EndTime>2015/04/28 05:46 UTC</EndTime>
            <EndTimestamp>1430199960354</EndTimestamp>
            <Revenue>72</Revenue>
            <RevenueCurrency>USD</RevenueCurrency>
            <Visitors>-1</Visitors>
            <Links>-1</Links>
            <Age>1</Age>
    </Auction>
    <Auction>
           <AuctionId>0</AuctionId>
            <Domain>domain.com</Domain>
            <BidPrice>63.99</BidPrice>
            <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
            <Bids>0</Bids>
            <EndTime>2015/04/28 05:46 UTC</EndTime>
            <EndTimestamp>1430199960354</EndTimestamp>
            <Revenue>72</Revenue>
            <RevenueCurrency>USD</RevenueCurrency>
            <Visitors>-1</Visitors>
            <Links>-1</Links>
            <Age>1</Age>
    </Auction>
    .
    .
    .
  </GetOpenAuctionsContent>
</GetOpenAuctionsResponse>
リクエスト(csv形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=get_open_auctions&currency=usd&type=expired

応答

ok,
success,
AuctionId,Domain,BidPrice,BidPriceCurrency,Bids,EndTime,EndTimestamp,Revenue,RevenueCurrency,Visitors,Links,Age
10001,domain.com,92.99,USD,0,2015/04/28 18:04 UTC,1430244248274,0.64,USD,-1,-1,1
10002,xn--wkccg.com,77.99,USD,0,2015/05/01 06:04 UTC,1430460248338,86,USD,435,-1,1
10003,domain2.com,11.25,USD,0,2015/05/05 06:04 UTC,1430805846946,91,USD,358,-1,1
.
.
.

リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_open_auctions&currency=usd&type=expired

レスポンス(JSON形式)
{
    "status": "success",
    "auction_list": [
        {
            "auction_id": 11,
            "domain": "domain.com",
            "utf_name": "domain.com",
            "is_idn": false,
            "auction_type": "expired",
            "currency": "USD",
            "current_bid_price": "124.00",
            "bids": 4,
            "bidders": 2,
            "time_left": "1 day, 23 hours",
            "start_time": "2022/03/28 02:20 PST",
            "start_time_stamp": 1648459234033,
            "end_time": "2022/04/04 02:20 PST",
            "end_time_stamp": 1649064034033,
            "visitors": 223,
            "links": "-",
            "age": 0,
            "estibot_appraisal": "-"
        },
        {
            "auction_id": 12,
            "domain": "domain0.com",
            "utf_name": "domain0.com",
            "is_idn": false,
            "auction_type": "expired",
            "currency": "USD",
            "current_bid_price": "44.99",
            "bids": 1,
            "bidders": 1,
            "time_left": "2 days, 23 hours",
            "start_time": "2022/03/29 02:20 PST",
            "start_time_stamp": 1648545634049,
            "end_time": "2022/04/05 02:20 PST",
            "end_time_stamp": 1649150434049,
            "visitors": 245,
            "links": "-",
            "age": 0,
            "estibot_appraisal": "-"
        }
        ...
    ]
}
 

オークションの詳細コマンドを取得

getオークション詳細コマンドを呼び出すと、指定されたオークションの詳細が返されます。このコマンドはXMLとJSON形式のみで利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

オークションの詳細なリクエストパラメータを取得
説明
domainオークションのドメイン名、IDN(国際ドメイン名)は、パニックコード(「xn--wkccg.com」など)を使用する必要があります。複数のオークションを取得できますが、各ドメインは「、」で区切られている必要があります。
currency (オプショナル)戻り結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetAuctionDetailsResponse></GetAuctionDetailsResponse>取得オークションの詳細タグ、それは応答のルートノードです XML ドキュメント
<GetAuctionDetailsHeader></GetAuctionDetailsHeader>バックオーダーオークション詳細のヘッダーを取得
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetAuctionDetailsContent></GetAuctionDetailsContent>オークションの詳細内容のタグ、ステータスが"success"の場合のみ使用されます
<AuctionStatusId></AuctionStatusId>オークションのステータスID: 進行中には '0'、ユーザーによるキャンセルには '1'、管理者によるキャンセルには '2'、更新によるキャンセルには '3'、完了には '4'、移転によるキャンセルには '5'
<AuctionStatus></AuctionStatus>オークションの状況
<UserIsHighBid></UserIsHighBid>もしユーザーが最高入札なら
<YourCurrentBid></YourCurrentBid>指定のオークションの現在の入札価格。入札していない場合は「-1」となります。
<YourProxyBid></YourProxyBid>指定されたオークションに対するプロキシ入札です。 入札を行っていない場合は、'-1' になります。
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<BidPrice></BidPrice>オークションの現在の入札価格
<BidPriceCurrency></BidPriceCurrency>入札価格の通貨
<Bids></Bids>オークション入札の数
<EndTime></EndTime>オークション終了時刻
<EndTimestamp></EndTimestamp>競売の終了日(Unix時間で、UTCの1月1, 1970の午前0時以降の経過ミリ秒)
<IsPremium></IsPremium>プレミアムドメインであるかどうか
<RenewalPrice></RenewalPrice>更新価格

オークションの詳細を取得する例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=MY_API_KEY&command=get_auction_details&domain=domain0.com&currency=usd

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetAuctionDetailsResponse>
  <GetAuctionDetailsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetAuctionDetailsHeader>
  <GetAuctionDetailsContent>
    <Auction>
      <AuctionStatusId>0</AuctionStatusId>
      <AuctionStatus>1</AuctionStatus>
      <AuctionId>0</AuctionId>
      <Domain>test.biz</Domain>
      <BidPrice>46.99</BidPrice>
      <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
      <Bids>0</Bids>
      <EndTime>1970/01/01 00:00 UTC</EndTime>
      <EndTimestamp>0</EndTimestamp>
      <Revenue>1</Revenue>
      <RevenueCurrency>USD</RevenueCurrency>
      <Visitors>-1</Visitors>
      <Links>1</Links>
      <Age>10</Age>
      <isPremium>false</isPremium>
      <RenewalPrice>-0.1</RenewalPrice>
      <UserIsHighBid>false</UserIsHighBid>
      <YourCurrentBid>-1</YourCurrentBid>
      <YourProxyBid>-1</YourProxyBid>
    </Auction>
  </GetAuctionDetailsContent>
</GetAuctionDetailsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=MY_API_KEY&command=get_auction_details&domain=domain0.com&currency=usd

レスポンス(JSON形式)
{
  "status": "success",
  "size": 1,
  "auction_details": [
    {
      "auction_json": {
        "auction_id": 0,
        "domain": "test.biz",
        "utf_name": "test.biz",
        "is_idn": false,
        "auction_type": "expired",
        "current_bid_price": "46.99",
        "accepted_bid_price": "46.99",
        "currency": "USD",
        "is_high_bidder": false,
        "bids": 0,
        "bidders": 0,
        "auction_status_id": 0,
        "time_left": "1",
        "start_time": "1",
        "start_time_stamp": 0,
        "end_time": "",
        "end_time_stamp": 0,
        "revenue": "1",
        "visitors": -1,
        "links": "1",
        "age": 10,
        "estibot_appraisal": "",
        "bidder_name": "",
        "bid_price": "",
        "timestamp": 0,
        "bid_status": "",
        "is_proxy_auto_bid": false,
        "auction_ended": false,
        "customer_bided": false,
        "customer_bid": "1",
        "customer_proxy_bid": "1",
        "is_premium": false,
        "renewal_price": "-0.1"
      },
      "bid_history": []
    }
  ]
}
 

入札コマンドの場所

場所のオークション入札コマンドを呼び出すと、指定されたオークションに対して入札が行われます。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータが含まれている必要があります:

位置オークション入札リクエストパラメータ
説明
domainオークションのドメイン名、IDN(国際化ドメイン名)は、パニーコード(xn--wkccg.comなど)を使用する必要があります
bid_amountオークションの入札額、デフォルトの通貨は米ドルですが、下の通貨パラメータを使用して指定することもできます
currency (オプショナル)入札の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<PlaceAuctionBidResponse></PlaceAuctionBidResponse>場所オークション入札の返答のタグ、それは応答の根ノードであり、ドキュメントXMLです。
<PlaceAuctionBidHeader></PlaceAuctionBidHeader>現地オークション入札ヘッダー
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

ドメインの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=place_auction_bid&domain=example.com&bid_amount=99.9&currency=usd

レスポンス(XML形式)
<PlaceAuctionBidResponse>
  <PlaceAuctionBidHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </PlaceAuctionBidHeader>
</PlaceAuctionBidResponse>
リクエスト(csv形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=place_auction_bid&domain=example.com&bid_amount=99.9&currency=usd

応答

ok,success

リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=place_auction_bid&domain=example.com&bid_amount=99.9&currency=usd

レスポンス(JSON形式)
{
    "status": "success",
    "auction_details": {
        "auction_json": {
            "auction_id": 12,
            "domain": "example.com",
            "utf_name": "example.com",
            "is_idn": false,
            "auction_type": "expired",
            "current_bid_price": "44.99",
            "accepted_bid_price": "45.99",
            "currency": "USD",
            "is_high_bidder": true,
            "bids": 3,
            "bidders": 2,
            "time_left": "2 days, 22 hours",
            "start_time": "2022/03/29 02:20 PST",
            "start_time_stamp": 1648545634049,
            "end_time": "2022/04/05 02:20 PST",
            "end_time_stamp": 1649150434049,
            "revenue": "$26.50",
            "visitors": 245,
            "links": "-",
            "age": 0,
            "estibot_appraisal": "-",
            "auction_ended": false,
            "customer_bided": true,
            "customer_bid": "44.99",
            "customer_proxy_bid": "$121.00"
        },
        "bid_history": [
            {
                "bidder_name": "You",
                "bid_price": "44.99",
                "currency": "USD",
                "timestamp": 1648892255084,
                "bid_status": "High Bidder",
                "is_proxy_auto_bid": false
            }
            ...        ]
    }
}
 

終了したオークションコマンドを取得する

指定されたアカウントの終了したオークションのリストが呼び出されると、終了したオークションのリストが返されます。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります。

クローズドオークションのリクエストパラメータを取得する
説明
startDateオークションの開始日、yyyy-mm-dd、例:2015-05-05
endDateオークションの終了日、yyyy-mm-dd 形式で、例: 2015-05-05
currency (オプショナル)入札の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetClosedAuctionsResponse></GetClosedAuctionsResponse>get closed auctions の応答のタグ、それは応答ドキュメント XML のルートノードです
<GetClosedAuctionsHeader></GetClosedAuctionsHeader>クローズドオークションのヘッダーを取得します
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetClosedAuctionsContent></GetClosedAuctionsContent>クローズドオークションコンテンツのタグを取得します。ステータスが "success" の場合にのみ使用されます。
<Auction></Auction>オークションアイテムのタグ。ステータスが "success" の場合のみ使用されます。
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<AuctionStatusId></AuctionStatusId>オークションのステータスID、「0」は進行中、「1」はユーザーによるクローズ、「2」は管理者によるクローズ、「3」は更新によるクローズ、「4」はタイムアウトによるクローズ、「5」は転送先によるクローズです。
<AuctionStatus></AuctionStatus>オークションの状況
<BidPrice></BidPrice>オークションの現在の入札価格
<BidPriceCurrency></BidPriceCurrency>入札価格の通貨
<Bids></Bids>オークション入札の数
<AuctionWonStatus></AuctionWonStatus>ユーザーがこのオークションに勝った場合
<YourHighBid></YourHighBid>このオークションのあなたの最高入札
<YourProxyBid></YourProxyBid>このオークションのあなたの代理入札

終了したオークションの例を取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=1&command=get_closed_auctions&startDate=2000-01-02&endDate=2015-5-15

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetClosedAuctionsResponse>
  <GetClosedAuctionsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetClosedAuctionsHeader>
  <GetClosedAuctionsContent>
    <Auction>
      <AuctionId>2</AuctionId>
      <Domain>testdomain1.test</Domain>
      <AuctionStatusId>4</AuctionStatusId>
      <AuctionStatus>Closed by Timeout</AuctionStatus>
      <BidPrice>89.99</BidPrice>
      <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
      <Bids>1</Bids>
      <AuctionWonStatus>won</AuctionWonStatus>
      <YourHighBid>89.99</YourHighBid>
      <YourProxyBid>1000.0</YourProxyBid>
    </Auction>
    <Auction>
      <AuctionId>3</AuctionId>
      <Domain>testdomain2.test</Domain>
      <AuctionStatusId>4</AuctionStatusId>
      <AuctionStatus>Closed by Timeout</AuctionStatus>
      <BidPrice>28.99</BidPrice>
      <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
      <Bids>1</Bids>
      <AuctionWonStatus>won</AuctionWonStatus>
      <YourHighBid>28.99</YourHighBid>
      <YourProxyBid>1000.0</YourProxyBid>
    </Auction>
  </GetClosedAuctionsContent>
</GetClosedAuctionsResponse>
リクエスト(CSV形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=1&command=get_closed_auctions&startDate=2000-01-02&endDate=2015-5-15

応答 (CSV形式)
ok,success,AuctionId,Domain,AuctionStatusId,AuctionStatus,BidPrice,BidPriceCurrency,Bids,AuctionWonStatus,YourHighBid,YourProxyBid,2,testdomain1.test,4,Closed by Timeout,89.99,USD,1,won,89.99,1000.0,3,testdomain2.test,4,Closed by Timeout,28.99,USD,1,won,28.99,1000.0
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=1&command=get_closed_auctions&startDate=2000-01-02&endDate=2015-5-15

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetClosedAuctionsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "Auctions": [
      {
        "AuctionId": "2",
        "Domain": "testdomain1.test",
        "AuctionStatusId": "4",
        "AuctionStatus": "Closed by Timeout",
        "BidPrice": "89.99",
        "BidPriceCurrency": "USD",
        "Bids": "1",
        "AuctionWonStatus": "won",
        "YourHighBid": "89.99",
        "YourProxyBid": "1000.0"
      },
      {
        "AuctionId": "3",
        "Domain": "testdomain2.test",
        "AuctionStatusId": "4",
        "AuctionStatus": "Closed by Timeout",
        "BidPrice": "28.99",
        "BidPriceCurrency": "USD",
        "Bids": "1",
        "AuctionWonStatus": "won",
        "YourHighBid": "28.99",
        "YourProxyBid": "1000.0"
      }
    ]
  }
}
 

オープンバックオーダーオークションコマンドを取得する(非推奨:get_open_auctionsコマンドを使用してください)

get open backorder auctionsコマンドを呼び出すと、進行中のバックオーダーオークションのリストが返されます。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

オープンバックオーダーオークションリクエストパラメータを取得する
説明
currency (オプショナル)戻り結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetOpenBackorderAuctionsResponse></GetOpenBackorderAuctionsResponse>get open backorderオークションの応答タグ、それは応答のルートノードです XML ドキュメント
<GetOpenBackorderAuctionsHeader></GetOpenBackorderAuctionsHeader>オープンバックオーダーオークションヘッダーを取得する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetOpenBackorderAuctionsContent></GetOpenBackorderAuctionsContent>オープンバックオーダーオークションのコンテンツのタグ、ステータスが "success" の場合のみ使用されます。
<Auction></Auction>オークションアイテムのタグ。ステータスが "success" の場合のみ使用されます。
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<BidPrice></BidPrice>オークションの現在の入札価格
<BidPriceCurrency></BidPriceCurrency>入札価格の通貨
<Bids></Bids>オークション入札の数
<EndTime></EndTime>オークション終了時刻
<EndTimestamp></EndTimestamp>競売の終了日(Unix時間で、UTCの1月1, 1970の午前0時以降の経過ミリ秒)

オープンバックオーダーオークションの例を入手する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_open_backorder_auctions&currency=usd

レスポンス(XML形式)
<GetOpenBackorderAuctionsResponse>
  <GetOpenBackorderAuctionsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetOpenBackorderAuctionsHeader>
  <GetOpenBackorderAuctionsContent>
    <Auction>
           <AuctionId>0</AuctionId>
            <Domain>domain.com</Domain>
            <BidPrice>63.99</BidPrice>
            <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
            <Bids>0</Bids>
            <EndTime>2015/04/28 05:46 UTC</EndTime>
            <EndTimestamp>1430199960354</EndTimestamp>
    </Auction>
    <Auction>
           <AuctionId>0</AuctionId>
            <Domain>domain.com</Domain>
            <BidPrice>63.99</BidPrice>
            <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
            <Bids>0</Bids>
            <EndTime>2015/04/28 05:46 UTC</EndTime>
            <EndTimestamp>1430199960354</EndTimestamp>
    </Auction>
    .
    .
    .
  </GetOpenBackorderAuctionsContent>
</GetOpenBackorderAuctionsResponse>
リクエスト(csv形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=get_open_backorder_auctions&currency=usd

応答

ok,
success,
AuctionId,Domain,BidPrice,BidPriceCurrency,Bids,EndTime,EndTimestamp
10000,backorder0.com,6.35,USD,0,2017/08/29 17:53 UTC,1504029194453
10001,backorder1.com,1.0,USD,0,2017/08/29 17:53 UTC,1504029194453
10002,backorder2.com,1.0,USD,0,2017/08/29 17:53 UTC,1504029194453
.
.
.

 

バックオーダーオークションの詳細コマンドを取得する

get backorder auction details コマンドを呼び出すと、指定されたオークションの詳細が返されます。このコマンドは、XMLとJSON形式のみで利用できます。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります。

オークションの詳細なリクエストパラメータを取得
説明
domainバックオーダーオークションのドメイン名、IDN(International Domain Name)は、xn--wkccg.comのようにパニコードを使用する必要があります
currency (オプショナル)戻り結果の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetBackorderAuctionDetailsResponse></GetBackorderAuctionDetailsResponse>取得オークションの詳細タグ、それは応答のルートノードです XML ドキュメント
<GetAuctionDetailsHeader></GetAuctionDetailsHeader>オークションの詳細ヘッダーを取得する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetAuctionDetailsContent></GetAuctionDetailsContent>オークションの詳細内容のタグ、ステータスが"success"の場合のみ使用されます
<AuctionStatusId></AuctionStatusId>オークションのステータスID、「0」は進行中、「1」はユーザーによるクローズ、「2」は管理者によるクローズ、「3」は更新によるクローズ、「4」はタイムアウトによるクローズ、「5」は転送先によるクローズです。
<AuctionStatus></AuctionStatus>オークションの状況
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<BidPrice></BidPrice>オークションの現在の入札価格
<BidPriceCurrency></BidPriceCurrency>入札価格の通貨
<Bids></Bids>オークション入札の数
<EndTime></EndTime>オークション終了時刻
<EndTimestamp></EndTimestamp>競売の終了日(Unix時間で、UTCの1月1, 1970の午前0時以降の経過ミリ秒)
<Revenue></Revenue>オークションの収益
<RevenueCurrency></RevenueCurrency>収益の通貨
<Visitors></Visitors>ドメインの訪問者
<Links></Links>ドメインのインバウンドリンク
<Age></Age>ドメインの年齢
<UserIsHighBid></UserIsHighBid>もしユーザーが最高入札なら
<YourCurrentBid></YourCurrentBid>指定のオークションの現在の入札価格。入札していない場合は「-1」となります。
<YourProxyBid></YourProxyBid>指定されたオークションに対するプロキシ入札です。 入札を行っていない場合は、'-1' になります。

バックオーダーオークションの詳細の例を取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_backorder_auction_details&domain=example.com&currency=usd

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetBackorderAuctionDetailsResponse>
  <GetBackorderAuctionDetailsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetBackorderAuctionDetailsHeader>
  <GetBackorderAuctionDetailsContent>
    <AuctionStatusId>0</AuctionStatusId>
    <AuctionStatus>In Progress</AuctionStatus>
    <UserIsHighBid>no</UserIsHighBid>
    <YourCurrentBid>-1</YourCurrentBid>
    <YourProxyBid>-1</YourProxyBid>
    <Auction>
      <AuctionId>10001</AuctionId>
      <Domain>example.com</Domain>
      <BidPrice>89.99</BidPrice>
      <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
      <Bids>0</Bids>
      <EndTime>2015/04/28 18:16 UTC</EndTime>
      <EndTimestamp>1430244969779</EndTimestamp>
    </Auction>
  </GetBackorderAuctionDetailsContent>
</GetBackorderAuctionDetailsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_backorder_auction_details&domain=example.com&currency=usd

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetBackorderAuctionDetailsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "GetBackorderAuctionDetails": {
      "AuctionStatusId": "0",
      "AuctionStatus": "In Progress",
      "UserIsHighBid": "no",
      "YourCurrentBid": "-1",
      "YourProxyBid": "-1",
      "Auction": {
        "AuctionId": "10001",
        "Domain": "example.com",
        "BidPrice": "89.99",
        "BidPriceCurrency": "USD",
        "Bids": "0",
        "EndTime": "2015/04/28 18:16 UTC",
        "EndTimestamp": "1430244969779"
      }
    }
  }
}
 

バックオーダーオークション入札コマンド

場所のバックオーダーオークション入札コマンドを呼び出すと、指定されたバックオーダーオークションの入札が行われます。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメーターを含める必要があります:

バックオーダー競売入札リクエストパラメータ
説明
domainオークションのドメイン名、IDN(国際化ドメイン名)は、パニーコード(xn--wkccg.comなど)を使用する必要があります
bid_amountオークションの入札額、デフォルトの通貨は米ドルですが、下の通貨パラメータを使用して指定することもできます
currency (オプショナル)入札の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<PlaceBakcorderAuctionBidResponse></PlaceBakcorderAuctionBidResponse>場所オークション入札の返答のタグ、それは応答の根ノードであり、ドキュメントXMLです。
<PlaceBackorderAuctionBidHeader></PlaceBackorderAuctionBidHeader>現地オークション入札ヘッダー
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される

予約注文オークションの入札例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=place_backorder_auction_bid&domain=example.com&bid_amount=99.9&currency=usd

レスポンス(XML形式)
<PlaceBakcorderAuctionBidResponse>
 <PlaceBackorderAuctionBidHeader>
   <SuccessCode>0</SuccessCode>
   <Status>success</Status>
 </PlaceBackorderAuctionBidHeader>
</PlaceBakcorderAuctionBidResponse>
リクエスト(CSV形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=place_backorder_auction_bid&domain=example.com&bid_amount=99.9&currency=usd

応答 (CSV形式)
ok,success
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=place_backorder_auction_bid&domain=example.com&bid_amount=99.9&currency=usd

レスポンス(JSON形式)
{
   "PlaceBakcorderAuctionBidResponse":{
      "ResponseCode":"0",
      "Status":"success"
   }
}
 

クローズドバックオーダーオークションコマンドを取得する

指定したアカウントのクローズドバックオーダーオークションのリストを取得するために、クローズドバックオーダーオークションコマンドを呼び出します。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメーターが含まれる必要があります:

クローズド バックオーダーオークションのリクエストパラメータを取得する
説明
startDateオークションの開始日、yyyy-mm-dd、例:2015-05-05
endDateオークションの終了日、yyyy-mm-dd 形式で、例: 2015-05-05
currency (オプショナル)入札の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetClosedBackorderAuctionsResponse></GetClosedBackorderAuctionsResponse>get closed auctions の応答のタグ、それは応答ドキュメント XML のルートノードです
<GetClosedBackorderAuctionsHeader></GetClosedBackorderAuctionsHeader>クローズドオークションのヘッダーを取得します
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetClosedBackorderAuctionsContent></GetClosedBackorderAuctionsContent>クローズドオークションコンテンツのタグを取得します。ステータスが "success" の場合にのみ使用されます。
<Auction></Auction>オークションアイテムのタグ。ステータスが "success" の場合のみ使用されます。
<YourHighBid></YourHighBid>このオークションのあなたの最高入札
<YourProxyBid></YourProxyBid>このオークションのあなたの代理入札
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<AuctionStatusId></AuctionStatusId>オークションのステータスID、「0」は進行中、「1」はユーザーによるクローズ、「2」は管理者によるクローズ、「3」は更新によるクローズ、「4」はタイムアウトによるクローズ、「5」は転送先によるクローズです。
<AuctionStatus></AuctionStatus>オークションの状況
<BidPrice></BidPrice>オークションの現在の入札価格
<BidPriceCurrency></BidPriceCurrency>入札価格の通貨
<Bids></Bids>オークション入札の数

クローズド バックオーダーオークションの例を取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=1&command=get_closed_backorder_auctions&startDate=2000-01-02&endDate=2015-5-15

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetClosedBackorderAuctionsResponse>
  <GetClosedBackorderAuctionsHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </GetClosedBackorderAuctionsHeader>
  <GetClosedBackorderAuctionsContent>
    <Auction>
      <AuctionWonStatus>won</AuctionWonStatus>
      <YourHighBid>89.99</YourHighBid>
      <YourProxyBid>1000.0</YourProxyBid>
      <AuctionId>2</AuctionId>
      <Domain>testdomain1.test</Domain>
      <BidPrice>89.99</BidPrice>
      <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
      <Bids>1</Bids>
      <EndTime>2022/04/04 02:20:34 PST</EndTime>
      <EndTimestamp>1649064034033</EndTimestamp>
    </Auction>
    <Auction>
      <AuctionWonStatus>won</AuctionWonStatus>
      <YourHighBid>28.99</YourHighBid>
      <YourProxyBid>1000.0</YourProxyBid>
      <AuctionId>3</AuctionId>
      <Domain>testdomain2.test</Domain>
      <BidPrice>28.99</BidPrice>
      <BidPriceCurrency>USD</BidPriceCurrency>
      <Bids>1</Bids>
      <EndTime>2022/04/05 02:20:34 PST</EndTime>
      <EndTimestamp>1649150434049</EndTimestamp>
    </Auction>
  </GetClosedBackorderAuctionsContent>
</GetClosedBackorderAuctionsResponse>
リクエスト(CSV形式)

https://api.dynadot.com/api3.html?key=1&command=get_closed_backorder_auctions&startDate=2000-01-02&endDate=2015-5-15

応答 (CSV形式)
ok,success,AuctionId,Domain,AuctionStatusId,AuctionStatus,BidPrice,BidPriceCurrency,Bids,AuctionWonStatus,YourHighBid,YourProxyBid,2,testdomain1.test,4,Closed by Timeout,89.99,USD,1,won,89.99,1000.0,3,testdomain2.test,4,Closed by Timeout,28.99,USD,1,won,28.99,1000.0
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=1&command=get_closed_backorder_auctions&startDate=2000-01-02&endDate=2015-5-15

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetClosedBackorderAuctionsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "Auctions": [
      {
        "AuctionWonStatus": "won",
        "YourHighBid": "89.99",
        "YourProxyBid": "1000.0",
        "AuctionId": "2",
        "Domain": "testdomain1.test",
        "BidPrice": "89.99",
        "BidPriceCurrency": "USD",
        "Bids": "1",
        "EndTime": "2022/04/04 02:20:34 PST",
        "EndTimestamp": "1649064034033"
      },
      {
        "AuctionWonStatus": "won",
        "YourHighBid": "28.99",
        "YourProxyBid": "1000.0",
        "AuctionId": "3",
        "Domain": "testdomain2.test",
        "BidPrice": "28.99",
        "BidPriceCurrency": "USD",
        "Bids": "1",
        "EndTime": "2022/04/05 02:20:34 PST",
        "EndTimestamp": "1649150434049"
      }
    ]
  }
}
 

オークション入札コマンドを取得

getオークション入札コマンドを呼び出すと、参加した入札リストが取得されます。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

オークション入札リクエストパラメータを取得する
説明
currency (オプショナル)入札の通貨は、"usd", "eur", または "cny",である必要があります。デフォルトの通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<GetAuctionBidsResponse></GetAuctionBidsResponse>入札の応答のタグであり、それは応答XMLドキュメントのルートノードです。
<GetAuctionBidsHeader></GetAuctionBidsHeader>オークション入札ヘッダーを取得する
<SuccessCode></SuccessCode>もし操作が成功すると、"0" は成功、"-1" は失敗
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>リクエストに関するエラー情報、ステータスが"error"の場合にのみ使用される
<GetAuctionBidsContent></GetAuctionBidsContent>オークションの入札内容を取得するためのタグです。ステータスが "success" の場合にのみ使用されます。
<BidList></BidList>入札リスト
<Bid></Bid>入札品
<BidId></BidId>入札のID
<AuctionId></AuctionId>オークションのID
<AccountId></AccountId>アカウントのID
<Domain></Domain>オークションのドメイン名
<DomainUtf></DomainUtf>オークションのドメインUTF名
<AuctionType></AuctionType>オークションのタイプ
<IsIdn></IsIdn>このドメインが国際化ドメイン名である場合
<CurrentBid></CurrentBid>オークションの現在の入札価格
<YourStatus></YourStatus>オークションの入札状況
<ProxyBid></ProxyBid>オークションのためのあなたのプロキシ入札価格
<ActiveBidders></ActiveBidders>このオークションに参加する入札者の数
<TimeLeft></TimeLeft>オークションまでの残り時間
<EndTime></EndTime>オークションの終了時間
<EndTimestamp></EndTimestamp>オークションの終了時刻

オークション入札の例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=get_auction_bids&currency=usd

レスポンス(XML形式)
<GetAuctionBidsResponse>
    <GetAuctionBidsHeader>
        <SuccessCode>0</SuccessCode>
        <Status>success</Status>
    </GetAuctionBidsHeader>
    <GetAuctionBidsContent>
        <BidList>
            <Bid>
                <BidId>0</BidId>
                <AuctionId>11</AuctionId>
                <AccountId>1</AccountId>
                <Domain>domain.com</Domain>
                <DomainUtf>domain.com</DomainUtf>
                <AuctionType>expired</AuctionType>
                <IsIdn>false</IsIdn>
                <CurrentBid>$124.00</CurrentBid>
                <YourStatus>Out Bid</YourStatus>
                <ProxyBid>$119.00</ProxyBid>
                <ActiveBidders>2</ActiveBidders>
                <TimeLeft>1 day, 6 hours</TimeLeft>
                <EndTime>2022/04/04 02:20:34 PST</EndTime>
                <EndTimestamp>1649064034033</EndTimestamp>
            </Bid>
            <Bid>
                <BidId>9</BidId>
                <AuctionId>12</AuctionId>
                <AccountId>1</AccountId>
                <Domain>domain0.com</Domain>
                <DomainUtf>domain0.com</DomainUtf>
                <AuctionType>expired</AuctionType>
                <IsIdn>false</IsIdn>
                <CurrentBid>$44.99</CurrentBid>
                <YourStatus>High Bidder</YourStatus>
                <ProxyBid>$121.00</ProxyBid>
                <ActiveBidders>1</ActiveBidders>
                <TimeLeft>2 days, 6 hours</TimeLeft>
                <EndTime>2022/04/05 02:20:34 PST</EndTime>
                <EndTimestamp>1649150434049</EndTimestamp>
            </Bid>
        </BidList>
    </GetAuctionBidsContent>
</GetAuctionBidsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=mykey&command=get_auction_bids&currency=usd

レスポンス(JSON形式)
{
    "status": "success",
    "auction_bids": [
        {
            "bid_id": 0,
            "auction_id": 11,
            "account_id": "1",
            "domain": "domain.com",
            "domain_utf": "domain.com",
            "auction_type": "expired",
            "is_idn": false,
            "current_bid": "$44.99",
            "your_status": "High Bidder",
            "proxy_bid": "$119.00",
            "active_bidders": 1,
            "time_left": "1 day, 23 hours",
            "end_time": "2022/04/04 02:20:34 PST",
            "end_time_stamp": 1649064034033
        },
        {
            "bid_id": 2,
            "auction_id": 12,
            "account_id": "1",
            "domain": "domain0.com",
            "domain_utf": "domain0.com",
            "auction_type": "expired",
            "is_idn": false,
            "current_bid": "$44.99",
            "your_status": "High Bidder",
            "proxy_bid": "$119.00",
            "active_bidders": 1,
            "time_left": "2 days, 23 hours",
            "end_time": "2022/04/05 02:20:34 PST",
            "end_time_stamp": 1649150434049
        }
        ...
    ]
}
 

処理中のコマンドです

is_processingコマンドを呼び出すと、新しいリクエストを送信することが安全かどうかがわかります

リクエストパラメータの処理中
説明
追加のパラメーターは必要ありません
結果のXMLタグ
説明
<Response></Response>is_processing レスポンスのタグ
<RespnseHeader></RespnseHeader>is_processing ヘッダーのタグ
<ResponseMsg></ResponseMsg>システム内に処理があります。別のリクエストを送信しないでください。

処理例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=mykey&command=is_processing

レスポンス(XML形式)
<Response>
  <ResponseHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <ResponseMsg>yes</ResponseMsg>
  </ResponseHeader>
</Response>
リクエスト(CSV形式)

http://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=is_processing

応答 (CSV形式)
ok,yes
リクエスト(JSON形式)

http://api.dynadot.com/api3.html?key=mykey&command=is_processing

レスポンス(JSON形式)
{
   "Response":{
      "ResponseCode":"0",
      "ResponseMsg":"no"
   }
}
 

期限切れのクローズアウトドメインコマンドを取得

Get Expired Closeout Domains コマンドを呼び出すと、期限切れの Closeout Domains を取得できます。このコマンドは XML および JSON 形式のみで利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

期限切れの閉鎖ドメインリクエストパラメータを取得する
説明
currency(optional)返却結果の通貨は「usd」、「eur」、または「cny」であり、デフォルト通貨は米ドルです。
domain(optional)閉鎖ドメインのクエリを行いたい場合は、このパラメータを追加してください
結果のXMLタグ
説明
<GetExpiredCloseoutDomainsResponse></GetExpiredCloseoutDomainsResponse>Get Expired Closeout ドメインのタグの応答、これは応答のルートノードです XML ドキュメント
<GetExpiredCloseoutDomainsHeader></GetExpiredCloseoutDomainsHeader>期限切れのクローズアウトドメインヘッダーを取得する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報
<GetExpiredCloseoutDomainsContent></GetExpiredCloseoutDomainsContent>以下のテキストを日本語に翻訳してください。 "Domain industry"とは、ドメインに関連する業界のことを指します。
<CloseoutItem></CloseoutItem>クローズアウト商品
<DomainName></DomainName>ドメイン名
<DomainNameUtf></DomainNameUtf>ドメイン名はUTF形式です。
<CurrentPrice></CurrentPrice>現在の価格
<isIdn></isIdn>それがidnドメイン名であるかどうか
<EndTimeStamp></EndTimeStamp>オークション終了日のUnix時間(1970年1月1日の午前0時(協定世界時)からの経過ミリ秒)
<RenewalPrice></RenewalPrice>更新価格
<ExpiredRevenue></ExpiredRevenue>クローズアウトの収益
<EstibotAppraisal></EstibotAppraisal>エスティボット評価
<InboundLinks></InboundLinks>ドメインのインバウンドリンク
<MonthlyVisitors></MonthlyVisitors>ドメインの訪問者
<Currency></Currency>通貨

期限切れの閉鎖ドメイン例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=MY_API_KEY&command=get_expired_closeout_domains¤cy=usd

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetExpiredCloseoutDomainsResponse>
  <GetExpiredCloseoutDomainsHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </GetExpiredCloseoutDomainsHeader>
  <GetExpiredCloseoutDomainsContent>
    <CloseoutItem>
      <DomainName>test.biz</DomainName>
      <DomainNameUtf>test.biz</DomainNameUtf>
      <CurrentPrice>9.91</CurrentPrice>
      <IsIDN>false</IsIDN>
      <EndTimeStamp>0</EndTimeStamp>
      <RenewalPrice>9.99</RenewalPrice>
      <ExpiredRevenue>9.90</ExpiredRevenue>
      <EstibotAppraisal>1223</EstibotAppraisal>
      <InboundLinks>-1</InboundLinks>
      <MonthlyVisitors>-1</MonthlyVisitors>
      <Currency>usd</Currency>
    </CloseoutItem>
  </GetExpiredCloseoutDomainsContent>
</GetExpiredCloseoutDomainsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=MY_API_KEY&command=get_expired_closeout_domains¤cy=usd

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetExpiredCloseoutDomainsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "Size": 1,
    "CloseoutDomains": [
      {
        "closeoutItem": {
          "domainName": "test.biz",
          "domainNameUtf": "test.biz",
          "currentPrice": "9.91",
          "isIdn": false,
          "endTimeStamp": 0,
          "renewalPrice": "9.99",
          "expiredRevenue": "9.90",
          "estibotAppraisal": "1223",
          "inboundLinks": -1,
          "monthlyVisitors": -1,
          "currency": "usd"
        }
      }
    ]
  }
}
 

期限切れのクリアランスドメインを購入するコマンド

「バイエクスパイアドクローズアウトドメインコマンドを呼び出すと、指定されたドメイン名を購入します。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります。」

期限切れのクローズアウトドメインを購入するリクエストパラメータ
説明
domainご購入希望のドメインは、リクエストごとに1つのドメインのみを入力できます。
currency(optional)返却結果の通貨は「usd」、「eur」、または「cny」であり、デフォルト通貨は米ドルです。
結果のXMLタグ
説明
<BuyExpiredCloseoutDomainResponse></BuyExpiredCloseoutDomainResponse>購入期限切れの閉鎖ドメインの応答のタグ、それは応答のルートノードですXML文書
<BuyExpiredCloseoutDomainHeader></BuyExpiredCloseoutDomainHeader>期限切れのクローズアウトドメインヘッダーを購入する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報

期限切れの閉局ドメインの例を購入する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=MY_API_KEY&command=buy_expired_closeout_domain¤cy=USD&domain=domain.com

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<BuyExpiredCloseoutDomainResponse>
  <BuyExpiredCloseoutDomainHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </BuyExpiredCloseoutDomainHeader>
</BuyExpiredCloseoutDomainResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=MY_API_KEY&command=buy_expired_closeout_domain¤cy=USD&domain=domain.com

レスポンス(JSON形式)
{
  "BuyExpiredCloseoutDomainResponse": {
    "ResponseCode": "0",
    "Status": "success"
  }
}
 

Afternicの確認アクションコマンドを設定する

セットアフターニック確認アクションコマンドを呼び出すと、指定されたドメイン名を購入します。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

Afternic 確認アクションのリクエストパラメータを設定
説明
domainAfternicの確認アクションを設定したいドメインは、1つのドメインのみがリクエストごとに入力できます。
actionAfternicの確認後に設定したいアクションは、「confirm_afternic」または「delete_from_afternic」である必要があります。
結果のXMLタグ
説明
<SetAfternicConfirmActionResponse></SetAfternicConfirmActionResponse>特に指定しない場合は、「タグ」はAfternicの確認アクション応答のルートノードであり、XMLドキュメントの場合
<SetAfternicConfirmActionHeader></SetAfternicConfirmActionHeader>Afternic 確認アクションヘッダーを設定する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報

Afternic確認アクションの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=MY_API_KEY&command=set_afternic_confirm_action&domain=domain.com&action=confirm_afternic

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetAfternicConfirmActionResponse>
  <SetAfternicConfirmActionHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetAfternicConfirmActionHeader>
</SetAfternicConfirmActionResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=MY_API_KEY&command=set_afternic_confirm_action&domain=domain.com&action=confirm_afternic

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetAfternicConfirmActionResponse": {
    "ResponseCode": "0",
    "Status": "success"
  }
}
 

セド確認アクションコマンドを設定する

Set Sedo Confirm Actionコマンドを呼び出すと、指定されたドメイン名が購入されます。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータを含める必要があります:

Sedo 確認アクションリクエストパラメータを設定する
説明
domain要求ごとに入力できるドメインは1つだけです
action設定したいアクションは、「confirm_sedo」または「delete_from_sedo」である必要があります
結果のXMLタグ
説明
<SetSedoConfirmActionResponse></SetSedoConfirmActionResponse>Set Sedo確認アクション応答のタグ、それは応答XML文書のルートノードです
<SetSedoConfirmActionHeader></SetSedoConfirmActionHeader>Sedo 確認アクションヘッダーを設定する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報

Sedo 確認アクション例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=MY_API_KEY&command=set_afternic_confirm_action&domain=domain.com&action=confirm_sedo

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetSedoConfirmActionResponse>
  <SetSedoConfirmActionHeader>
    <SuccessCode>0</SuccessCode>
    <Status>success</Status>
  </SetSedoConfirmActionHeader>
</SetSedoConfirmActionResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=MY_API_KEY&command=set_afternic_confirm_action&domain=domain.com&action=confirm_sedo

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetSedoConfirmActionResponse": {
    "ResponseCode": "0",
    "Status": "success"
  }
}
 

注文リストコマンド

注文リストコマンドを呼び出すと、注文リストが取得されます。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合は、次のパラメータを含める必要があります。

注文リストのリクエストパラメータ
説明
search_by次のリストから値を選んで検索の種類を表すことができます: date_range
ドメイン
order_id
start_dateクエリの開始日をyyyy/MM/dd形式で入力してください
end_dateクエリの終了日はyyyy/MM/dd形式である
payment_method支払い方法を表すため、次のリストから複数の値を選択できます: none_balance account_balance credit_card money_order paypal moneybookers bank_wire alipay payflow_credit_card2(使用されていません) wechat_pay ecash bank_transfer apple_pay checking_account sale union_pay paypal_account mercado_pago payoneer ただし、複数の値を区切るためにカンマを使用してください。例:account_balance,credit_card。
結果のXMLタグ
説明
<OrderListResponse></OrderListResponse>レスポンスのルートノード
<OrderListHeader></OrderListHeader>注文リストヘッダー
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報
<OrderListContent></OrderListContent>注文リストヘッダー
<OrderList></OrderList>複数の注文ログデータを含んでいます
<OrderItem></OrderItem>シングルオーダーログデータが含まれています
<OrderItemDomain></OrderItemDomain>この順序で項目を含むドメイン名
<OrderId></OrderId>注文のIDを含んでいます
<SubmittedDate></SubmittedDate>注文が提出された日付を含みます
<Cost></Cost>注文の費用を含む
<Status></Status>注文の状態を含む

注文リストの例

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&searchBy=date_range&startDate=2024/01/01&endDate=2024/01/31&paymentMethod=account_balance,credit_card

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<OrderListResponse>
  <OrderListHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </OrderListHeader>
  <OrderListContent>
    <OrderList>
      <Order>
        <OrderId>123456</OrderId>
        <SubmittedDate>1713570626929</SubmittedDate>
        <Currency>USD</Currency>
        <PaymentMethod>Account Balance</PaymentMethod>
        <TotalCost>$8.00</TotalCost>
        <TotalPaid>$8.00</TotalPaid>
        <Status>Problem</Status>
        <OrderItem>
          <ItemType>Domain Registration</ItemType>
          <Name>test.com</Name>
          <Duration>1</Duration>
          <Cost>2.99</Cost>
          <Status>Completed</Status>
        </OrderItem>
        <OrderItem>
          <ItemType>Domain Renewal</ItemType>
          <Name>test1.ac</Name>
          <Duration>1</Duration>
          <Cost>3.99</Cost>
          <Status>Completed</Status>
        </OrderItem>
        <OrderItem>
          <ItemType>Domain Transfer</ItemType>
          <Name>test2.de</Name>
          <Duration>1</Duration>
          <Cost>4.99</Cost>
          <Status>Completed</Status>
        </OrderItem>
        <OrderItem>
          <ItemType>Domain Registration</ItemType>
          <Name>test3.gg</Name>
          <Duration>1</Duration>
          <Cost>5.99</Cost>
          <Status>Completed</Status>
        </OrderItem>
        <OrderItem>
          <ItemType>Domain Renewal</ItemType>
          <Name>test4.uk</Name>
          <Duration>1</Duration>
          <Cost>6.99</Cost>
          <Status>Completed</Status>
        </OrderItem>
        <OrderItem>
          <ItemType>Domain Transfer</ItemType>
          <Name>test5.net</Name>
          <Duration>1</Duration>
          <Cost>7.99</Cost>
          <Status>Completed</Status>
        </OrderItem>
      </Order>
      <Order>
        <OrderId>123457</OrderId>
        <SubmittedDate>1713570626929</SubmittedDate>
        <Currency>EUR</Currency>
        <PaymentMethod>Paypal</PaymentMethod>
        <TotalCost>$100.00</TotalCost>
        <TotalPaid>$100.00</TotalPaid>
        <Status>Submitted</Status>
      </Order>
    </OrderList>
  </OrderListContent>
</OrderListResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=0&command=order_list&searchBy=date_range&startDate=2024/01/01&endDate=2024/01/31&paymentMethod=account_balance,credit_card

レスポンス(JSON形式)
{
  "OrderListResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "OrderList": [
      {
        "OrderId": "123456",
        "SubmittedDate": "2024/04/19",
        "Currency": "USD",
        "PaymentMethod": "Account Balance",
        "TotalCost": "$8.00",
        "TotalPaid": "$8.00",
        "Status": "Problem",
        "ItemList": [
          {
            "ItemType": "Domain Registration",
            "Name": "test.com",
            "Duration": 1,
            "Cost": "2.99",
            "Status": "Completed"
          },
          {
            "ItemType": "Domain Renewal",
            "Name": "test1.ac",
            "Duration": 1,
            "Cost": "3.99",
            "Status": "Completed"
          },
          {
            "ItemType": "Domain Transfer",
            "Name": "test2.de",
            "Duration": 1,
            "Cost": "4.99",
            "Status": "Completed"
          },
          {
            "ItemType": "Domain Registration",
            "Name": "test3.gg",
            "Duration": 1,
            "Cost": "5.99",
            "Status": "Completed"
          },
          {
            "ItemType": "Domain Renewal",
            "Name": "test4.uk",
            "Duration": 1,
            "Cost": "6.99",
            "Status": "Completed"
          },
          {
            "ItemType": "Domain Transfer",
            "Name": "test5.net",
            "Duration": 1,
            "Cost": "7.99",
            "Status": "Completed"
          }
        ]
      },
      {
        "OrderId": "123457",
        "SubmittedDate": "2024/04/19",
        "Currency": "EUR",
        "PaymentMethod": "Paypal",
        "TotalCost": "$100.00",
        "TotalPaid": "$100.00",
        "Status": "Submitted",
        "ItemList": []
      }
    ]
  }
}
 

ドメイン Dnssec コマンドの設定

Set Domain Dnssecコマンドを呼び出すと、ドメインのDNSSECが設定されます。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

ドメイン名に基づいて、対応するパラメータ値をオプションに入力するかどうかを選択することができます。

オプション1:ドメイン名、キータグ、ダイジェストタイプ、ダイジェスト、アルゴリズム

オプション 2:ドメイン名、フラグ、公開鍵、アルゴリズム

ノート: 必要に応じて、対応するラベルの番号をパラメータの値として選択してください。

ドメイン DNSSEC リクエストパラメータを設定する
説明
domainNameDNSSECを設定する必要のあるドメイン名
keyTagキータグ
digestTypeデジタル署名タイプを表すために、以下のリストから数字を選択できます: SHA-1(1) SHA-256(2) GOSTR 34.11-94(3) SHA-384(4)
digest消化
Algorithm以下のリストから数字を選んで、デジタル署名アルゴリズムを表すことができます: RSA/MD5(1) Diffie-Hellman(2) DSA/SHA-1(3) 楕円曲線(4) RSA/SHA-1(5) DSA-NSEC3-SHA1(6) RSASHA1-NSEC3-SHA1(7) RSA/SHA-256(8) RSA/SHA-512(10) GOSTR 34.10-2001(12) ECDSA Curve P-256 with SHA-256(13) ECDSA Curve P-384 with SHA-384(14) ED25519(15) ED448(16) 間接(252) プライベートDNS(253) プライベートOID(254)
flagsデジタル署名シンボルを表すために、以下のリストから数字を選択できます:ZSK(256) KSK(257)
publicKeyパブリックキーはベース64エンコーディングである必要があります。
結果のXMLタグ
説明
<SetDomainDnssecResponse></SetDomainDnssecResponse>レスポンスのルートノード
<SetDomainDnssecHeader></SetDomainDnssecHeader>ドメインのDNSSECヘッダーを設定する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報

ドメインDNSSECの例を設定する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=set_domain_dnssec&domainName=domain-haha1.com&flags=257&publicKey=123&algorithm=1

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetDomainDnssecResponse>
  <SetDomainDnssecHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDomainDnssecHeader>
  <SetDomainDnssecContent/>
</SetDomainDnssecResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=set_domain_dnssec&domainName=domain-haha1.com&flags=257&publicKey=123&algorithm=1

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetDomainDnssecResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success"
  }
}
 

Whoisの統計データ取得コマンド

Get Whois Statsコマンドを呼び出すとWhoisの統計が取得されます。このコマンドは、XMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれている必要があります:

Whois スタッツリクエストパラメータを取得
説明
domainNameDNSSECを設定する必要のあるドメイン名
dateType日付のタイプを表すために以下のリストから番号を選択できます: 過去7日間(1) 過去30日間(2) 去年(3) 今年(4)
結果のXMLタグ
説明
<GetWhoisStatsResponse></GetWhoisStatsResponse>レスポンスのルートノード
<GetWhoisStatsHeader></GetWhoisStatsHeader>Whoisステータスヘッダーを取得する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報
<GetWhoisStatsContent></GetWhoisStatsContent>レスポンスコンテンツ
<WhoisStats></WhoisStats>Whois統計データの複数セットを含んでいます
<WhoisStat></WhoisStat>特定のwhois統計データ
<Date></Date>最小時間間隔
<Count></Count>現在の時間間隔内のwhoisの数

Whoisの統計データの例を取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=get_whois_stats&domainName=domain1.com&dateType=Last 7 days

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetWhoisStatsResponse>
  <GetWhoisStatsHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </GetWhoisStatsHeader>
  <GetWhoisStatsContent>
    <WhoisStats>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-04</Date>
        <Count>200</Count>
      </WhoisStat>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-05</Date>
        <Count>300</Count>
      </WhoisStat>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-06</Date>
        <Count>100</Count>
      </WhoisStat>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-07</Date>
        <Count>200</Count>
      </WhoisStat>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-08</Date>
        <Count>300</Count>
      </WhoisStat>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-09</Date>
        <Count>100</Count>
      </WhoisStat>
      <WhoisStat>
        <Date>2023-11-10</Date>
        <Count>200</Count>
      </WhoisStat>
    </WhoisStats>
  </GetWhoisStatsContent>
</GetWhoisStatsResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=0&command=get_whois_stats&domainName=domain1.com&dateType=Last 7 days

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetWhoisStatsResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "WhoisStats": [
      {
        "Date": "2023-11-04",
        "Count": 200
      },
      {
        "Date": "2023-11-05",
        "Count": 300
      },
      {
        "Date": "2023-11-06",
        "Count": 100
      },
      {
        "Date": "2023-11-07",
        "Count": 200
      },
      {
        "Date": "2023-11-08",
        "Count": 300
      },
      {
        "Date": "2023-11-09",
        "Count": 100
      },
      {
        "Date": "2023-11-10",
        "Count": 200
      }
    ]
  }
}
 

注文ステータスコマンドを取得する

Get Order Statusコマンドを呼び出すと、注文ステータスが取得されます。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用可能です。このコマンドを呼び出す場合、以下のパラメータが含まれる必要があります:

注文ステータスのリクエストパラメータを取得する
説明
order_idクエリされる注文のID
結果のXMLタグ
説明
<GetOrderStatusResponse></GetOrderStatusResponse>レスポンスのルートノード
<GetOrderStatusHeader></GetOrderStatusHeader>注文ステータスヘッダーを取得する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報
<GetOrderStatusContent></GetOrderStatusContent>レスポンスコンテンツ
<OrderId></OrderId>注文ID
<OrderStatus></OrderStatus>注文ステータス(ショッピング、提出済み、支払い待ち、処理中、完了、問題、削除済み、キャンセル済み)
<ItemTypeName></ItemTypeName>アイテムタイプ
<ItemName></ItemName>アイテム名
<ItemStatus></ItemStatus>アイテムステータス(完了、キャンセル、問題)

注文ステータスの例を取得する

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=MY_API_KEY&command=get_order_status&order_id=0

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetOrderStatusResponse>
  <GetOrderStatusHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </GetOrderStatusHeader>
  <GetOrderStatusContent>
    <OrderId>0</OrderId>
    <OrderStatus>Completed</OrderStatus>
    <Item>
      <ItemTypeName>domain transfer away</ItemTypeName>
      <ItemName>&amp;</ItemName>
      <ItemStatus>transfer.com</ItemStatus>
    </Item>
    <Item>
      <ItemTypeName>domain</ItemTypeName>
      <ItemName>&amp;</ItemName>
      <ItemStatus>register.com</ItemStatus>
    </Item>
  </GetOrderStatusContent>
</GetOrderStatusResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.json?key=MY_API_KEY&command=get_order_status&order_id=0

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetOrderStatusResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "OrderStatus": {
      "OrderId": 0,
      "OrderStatus": "Completed",
      "ItemList": [
        {
          "ItemTypeName": "domain transfer away",
          "ItemName": "transfer.com",
          "ItemStatus": "Completed"
        },
        {
          "ItemTypeName": "domain",
          "ItemName": "register.com",
          "ItemStatus": "Completed"
        }
      ]
    }
  }
}
 

ドメインプッシュリクエストコマンドを取得する

Get Domain Push Request コマンドを呼び出すことで、ドメインのプッシュリクエストを取得できます。このコマンドは XML および JSON 形式のみで利用できます。

ドメインのプッシュリクエストのパラメータを取得する
説明
N/A追加のパラメータは必要ありません。
結果のXMLタグ
説明
<GetDomainPushRequestResponse></GetDomainPushRequestResponse>レスポンスのルートノード
<GetDomainPushRequestHeader></GetDomainPushRequestHeader>ドメインプッシュリクエストヘッダーを取得する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報
<GetDomainPushRequestContent></GetDomainPushRequestContent>レスポンスコンテンツ
<PushDomain></PushDomain>ドメイン押す
<PushDomainName></PushDomainName>ドメイン名を押す

ドメインプッシュリクエスト例を取得

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=get_domain_push_request

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<GetDomainPushRequestResponse>
  <GetDomainPushRequestHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </GetDomainPushRequestHeader>
  <GetDomainPushRequestContent>
    <PushDomain>
      <PushDomainName>haha.com</PushDomainName>
    </PushDomain>
    <PushDomain>
      <PushDomainName>haha1.com</PushDomainName>
    </PushDomain>
  </GetDomainPushRequestContent>
</GetDomainPushRequestResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=get_domain_push_request

レスポンス(JSON形式)
{
  "GetDomainPushRequestResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success",
    "pushDomainName": "[haha.com,haha1.com]"
  }
}
 

ドメインプッシュリクエストコマンドを設定する

セットドメインプッシュリクエストコマンドを呼び出すと、ドメインプッシュリクエストが設定されます。このコマンドはXMLおよびJSON形式でのみ利用できます。このコマンドを呼び出す場合、次のパラメータを含める必要があります:

ドメインプッシュリクエストのパラメータを設定する
説明
domains処理する注文のドメイン名
action注文の処理手続きのアクション、"accept"または"decline"を選択することができます。
結果のXMLタグ
説明
<SetDomainPushRequestResponse></SetDomainPushRequestResponse>レスポンスのルートノード
<SetDomainPushRequestHeader></SetDomainPushRequestHeader>ドメインプッシュリクエストヘッダを設定する
<ResponseCode></ResponseCode>操作が成功した場合は、成功のために "0" を、失敗した場合は失敗のために "-1" を返します。
<Status></Status>リクエストのステータス
<Error></Error>ステータスが「エラー」の場合のリクエストのエラー情報

ドメイン押しリクエストの例を設定します

リクエスト(XML形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=set_domain_push_request&domains=domain-haha1.com,domain-haha2.com,domain-haha3.com&action=accept

レスポンス(XML形式)
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<SetDomainPushRequestResponse>
  <SetDomainPushRequestHeader>
    <ResponseCode>0</ResponseCode>
    <Status>success</Status>
  </SetDomainPushRequestHeader>
  <SetDomainPushRequestContent/>
</SetDomainPushRequestResponse>
リクエスト(JSON形式)

https://api.dynadot.com/api3.xml?key=0&command=set_domain_push_request&domains=domain-haha1.com,domain-haha2.com,domain-haha3.com&action=accept

レスポンス(JSON形式)
{
  "SetDomainPushRequestResponse": {
    "ResponseCode": 0,
    "Status": "success"
  }
}
チャットを終了しますか?チャットは終了し、チャット履歴は削除されます。
ログアウトし続ける
またはチャットに滞在してください。
このチャットセッションをレビューするには、どうぞクリックこのウィンドウ。
Chat Online
オンラインチャット0